血栓症(けっせんしょう)

症状

  • 呼吸が荒くなる(呼吸困難)。
  • 腹式呼吸。
  • チアノーゼを起こし、歯ぐきや舌が紫色に変色する。

ハムスターは口呼吸が苦手で、健康なら口が開きっぱなしになったり、口で呼吸はしません。

原因

  • 老化による心臓機能の低下。

治療

  • NO DATA。

予防

  • NO DATA。

アドバイス

ケガをすると傷口で血が固まって出血が止まりますが、血管の中で血が固まると血栓です。
簡単に言うと、血管の中にできた「かさぶた」でパイプ詰まりを起こした状態です。
血液の問題なので心臓や肺などの循環器に症状が現れることが多いですが、詰まった場所によって様々な症状が現れます。

血栓ができる原因は、血管の損傷、感染症、アミロイドーシスなどです。
オヤツを与えすぎていたり、嗜好性の高いペレットを与えていると、コレステロールで血管が汚れていたり、血液がドロドロになって血の流れが悪くなるため、小さな血栓でも発症しやすくなります。
ケージを囓ったり皮膚炎ができているなど、体に傷ができにくい飼育環境も大切です。

凝固障害の場合は、かなりの確率で死亡します。
ゴールデンハムスターに多く、メスのほうが若い時期でかかる可能性が多いです。
血栓が大きくなると、肺水腫、うっ血性心不全の症状が現れます。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。