摩擦による脱毛や炎症(まさつによるだつもうやえんしょう)

症状

  • ハゲ。
  • キズ。
  • かさぶた。

原因

  • 飼い主の飼い方の悪さ(ストレス)。
  • 脱走、ケージを広げようとして噛む。
  • ケージや回し車が小さい。
  • ハムスターの癖(くせ)。

治療

  • NO DATA。

予防

  • 飼育を快適にする。

アドバイス

回し車やケージが小さく体がこすれる、脱走しようとしてケージを噛む、巣箱が小さいなど飼育用品を囓ったり掘ったりして広げようとするときも、こすれて摩擦で脱毛たり炎症をおこします。
馴れていないときは飼い主が見ていないときする行動です。
ハムスターの行動時間の音や、ハムスターが寝ている時に飼育環境を確認すること。

市販の飼育用品は、サイズ的に値段的に飼い主が買いやすいように、かなり小さくできています。
よく売れている商品ほど、トラブルを起こしやすい訳です。
回し車ケージなどの飼育用品は、できるだけ大きい物を購入して利用する必要があります。
切歯破折・不正咬合背骨の彎曲骨折などの原因もなる行動なので、兆候に気づいたら早めに解決しましょう。

「囓り癖」ということがありますが、正確には飼い主が習慣づけてしまっていたり、イライラして噛んでいることばかりです。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。