ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

保温・暖房・冷却用品(夏用・温度計・湿度計)

冷却(夏用)

ハムスターは体質や習性的に暑さに弱く、暑さ対策できるペット用品の少なさから、夏場に亡くなることが多い生き物です。
特に、飼い主が家にいないことが多い昼に、部屋の温度が上がってしまうので、常時エアコンで温度管理できないのなら、夏場は何らかの対策は必要です。

エアコン・ファン

ハムスターは、少ない食べ物でも生きられるように進化した省エネ動物なので、熱を逃がしにくい体質で、人間のように汗をかかず、風を当てても不快なだけで涼しいと感じません。
風を当てると、ケージからハムスターの臭いが逃げたり、他の臭いが入ってきたりするだけでなく、鼻や耳、ヒゲなどの空気を利用する情報収集器官の邪魔をしてしまうので、怯えやすくなり、ストレスが溜まります。そのため、人間用の扇風機やペット用のファンなどは、役に立たないどころか、環境を悪くしてしまうので、使わないようにしましょう。また、エアコンのクーラーに勝てる、冷房器具はないですが、エアコンで温度管理するときも、風が直接当たらないようにしましょう。

ストーンベッド

小動物用のペット用品に、ストーンベッドという物があります。放熱板として利用する大理石や御影石などの板のことです。
ストーンベッドは、体温を逃がしやすくするだけで、室温が下がることはないので、冷却効果はあまり期待できません。しかし、体温を下げる以外にいろいろ利用でき、壊れるような物ではないので、持っていると便利です。似た製品に、アルミなどの金属製の板がありますが、アルミは口にすると有害なのに対し、石はハムスターが本能的に知っている素材なので、トラブルを起こさないというメリットもあるので、選ぶなら石にしましょう。

ストーンベッドとパールホワイト
保護色?さわっていると気持ちいいです。

ストーンベッドを利用すると、ケージの中の高低差を減らしたり増やしたりするだけでなく、床材を水増しして床材の消費量を減らしたり、回し車の転倒防止の重しとして、またストーンベッドは巣箱の底に敷く物なので、部分的に掃除しやすいなど、ペットの飼育ならではのメリットもあります。さらに、ケージの底に敷いたパネルヒーターの上にストーンベッドを敷いて、熱を和らげたり、広げたりすることもできます。放熱効果は広い方が良く、重しと併用する場合も広い方が良いので、巣箱より大きなストーンベッドを利用することをお薦めします。
ケージがガラス製だと、ケージがストーンベッドと同じ役割がありますが、ケージだけではストーンベッドならではのメリットがないので、ケージとストーンベッドの両方で熱を逃がせるようにしましょう。

[ 用品検索 > 保温・冷却用品 > ストーンベッド ]

保冷剤

水を入れ凍らせたペットボトルをタオルで巻いた物を保冷剤として、ケージの上に置き、冷たい空気をケージの中に入れて、ケージの中を冷やす方法が、飼育書にも載っていると思います。しかし、机の上にアイスクリームを置いていると、部屋の温度が下がるのかといった話と同じで、あまり効果がなく、湿度が上がったり、水滴がケージに入りカビが生えやすくなるデメリットもあるので、あくまでも補助的な方法だと考えましょう。
他には、冷えた缶ジュースをタオルで巻き、ケージの中に入れる方法もありますが、せいぜい数十分しか効果がないので、病院に行くときに使う方法です。しかも、片道しか保たず、転がったりするので、病院に行ったりするときは、保冷剤を使ったペット用品を利用した方が長持ちで安心です。

ハムスターは、暑さだけでなく湿度が高い状態にも弱く、毎日続けるのも、温度を一定に保つのも難しいので、保冷剤を利用することは、一時的な方法にしか使えません。また、保冷剤程度の大きさでは、部屋が暖まるスピードの方が早いため、大きくすると湿度が上がり、近づけると体温が下がりすぎたり、ハムスターが濡れたりします。
手軽で、エコっぽいですが、使いどころを間違えると、逆効果になることもあるので、一時的に使ったり、エアコンの補助程度に利用しましょう。

温度計と湿度計

人間が快適な温度より少しだけ涼しいくらいが良いこと、ゴールデンだけは他のハムスターより寒さに弱いこと、ハムスターには湿度が低い方が良いことを知っていて、人間が快適に住める部屋にケージがあるのなら、温度計や湿度計はなくても大丈夫です。また、このように飼い主とハムスターが同じように温度を感じ、エアコンなどの冷暖房器具で微調整してあげると、ハムスターの気持ちが理解しやすいです。
しかし、飼い始めや、ヒーターなどを使って温度管理する場合は、巣箱と外の温度の差が、自分の環境ではどれくらいになるのか知っておいた方が、ハムスター本来の行動を確認できたり、病気にさせにくくなります。

温度計には、ガラス管を使った「ガラス製温度計」、バネを利用した「金属製温度計」、デジタル表示できる「電気式温度計」がありますが、どれも精度に問題あります。壊れていることに気づかず、表示されている温度を過信すると危ないので、購入するのなら精度の高い物を買いましょう。
空中サーモスタットには、温度表示できる物があるので、空中サーモスタットで確認するのもアリです。

ハムスターは寒い日はこんな行動をするんだと考えたり、ロボロフスキーはゴールデンより温度に敏感に反応する生き物なんだと考えたりと、温度計を1つ持っているだけでも楽しいです。