妊娠してからペレットを食べなくなった

表題:

Re: 六つ子ちゃんでした


投稿日時:
名前
管理者

「オリーブティー」さんの引用:
生後2週間を過ぎましたので、経過報告を致します。

ヒマワリ組の園児ですね。
この頃の子ハムは予想外の動きをするので、見ていておもしろいけど、怖いことも平気なので要注意です。


「オリーブティー」さんの引用:
すでに性格が出てきていますが、幸い一人ぼっちになったりみんなと孤立した行動をとるような子は見られません。

右奥のパールの子が、少し成長が遅れそうな感じがしますわ。
写真の写り方で、そう見えるだけならいいですけどね。


「オリーブティー」さんの引用:
以前はとにかくミルワームを欲しがっていましたが、最近はその欲しがり具合がやや少なくなり、代わりにわずかですがペレットも口にするようになったようです。
とはいえ、まだ偏食気味です。授乳期間が終わればまた変わるかな?と思います。

ミルワームの食べる量が減ったのは、やっぱり妊娠が影響していたんでしょうね。
逆に考えると、ペレットだけ与えてミルワームを与えずにいたとしたら、順調に育っていなかったかもしれませんよね。
また、体が求める栄養に対して敏感だとも考えられるので、ペレットも食べるようになるのではないでしょうか?


「オリーブティー」さんの引用:
子ハムもしっかりペレットをかじろうとしています。
餌の中で粟の穂が特に好きなようで、みんなで群がっています。

この頃は好き嫌いより、みんなが食べているから自分も食べる感じだし、成長期なので食べ応えのある物や、自分で採取している感じのある、粟穂はなおさら食べそうですよね。
子ハム用のペレットなんてないので、親が食べている物を、一緒に食べてもらうしかないですけど。


「オリーブティー」さんの引用:
最近の母ハムは、夜になると巣箱から少し離れたところで休憩をよくとるようになりました。
子育てでお疲れなんでしょうね。

母ハムは自分で体温調整できるので、成長期の熱量の高い子供が寄ってくると、暑いのもあると思いますよ。
そろそろ、暑さも湿気も高くなってくるので、巣箱に工夫した方がいいかもしれませんね。


「オリーブティー」さんの引用:
来週~再来週あたりには雄雌判断の画像をアップします!

よろしくお願いします。


「オリーブティー」さんの引用:
手前の、母ハムの隣のノーマルが一番賢いです。

やっぱり、ノーマルの個体って賢いのかなぁ〜と思ったり。
体質的に、パールより体に熱が籠もりにくいので、頭はスッキリしてそうですからね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

七つの子があるからよ


投稿日時:
名前
オリーブティー

早速のご返信ありがとうございます。
先ほど餌をやるとき、群がる子ハム達が邪魔な位置にいたので、
少しどいてもらいたくて手で制すようにどかそうとしたところ、
暴れん坊を手ですくう形になってしまいました。
すくわれた暴れん坊はものすごい速さで私の手から逃げ、「信じられない!」というような目で私を見てから巣箱に戻ってしまいました。
トラウマを植え付けてしまったかもしれません。その前までは嬉しそうにミルワームをねだりに来ていたのですが…。
今後の接し方に気を付けようと思います。


「管理者」さんの引用:
ヒマワリ組の園児ですね。
この頃の子ハムは予想外の動きをするので、見ていておもしろいけど、怖いことも平気なので要注意です。

ヒマワり組の園児!なんてかわいい呼び方!


「管理者」さんの引用:
右奥のパールの子が、少し成長が遅れそうな感じがしますわ。
写真の写り方で、そう見えるだけならいいですけどね。

確かに、写真ではやや小柄なように見えますね。
今日、よくよく観察しましたが、肉眼ではそんなに気になりませんでした。
とはいえ、これからも子ハムたちの成長に注意します。


「管理者」さんの引用:
ペレットだけ与えてミルワームを与えずにいたとしたら、順調に育っていなかったかもしれませんよね。

そうなんです!
実は、写真を撮ったときに隠れていたやつがいたようで、
今日の餌やり時にはパール5匹、ノーマル2匹の計7匹いました。
7匹もいれば、そりゃあたんぱく質も豊富に欲しいですよね。
ここで相談していてよかったです。
母ハムが本能・体の声に忠実なタイプだったようです。


「管理者」さんの引用:
暑いのもあると思いますよ。
そろそろ、暑さも湿気も高くなってくるので、巣箱に工夫した方がいいかもしれませんね。

そうですね。夏仕様のを考えてみます。
大理石は持っているのですが、床材を掘ったりもぐったりしている子ハムが、大理石の下に入って挟まれないか心配です。
様子を見ながら整えて行こうと思います。

表題:

Re: 七つの子があるからよ


投稿日時:
名前
管理者

「オリーブティー」さんの引用:
すくわれた暴れん坊はものすごい速さで私の手から逃げ、「信じられない!」というような目で私を見てから巣箱に戻ってしまいました。
トラウマを植え付けてしまったかもしれません。その前までは嬉しそうにミルワームをねだりに来ていたのですが…。

飼育頭数が増えると、全員の視界の入るように世話をするのが難しいですよね。
ロボロフスキーなんてビックリさせると猛ダッシュするので、走ったハムスターにビックリして全員逃げて、一瞬で誰もいなくなりますよ。
子ハムは好奇心が強いので、ケージの入り口を叩いて音を出して注目を集めたりして、人の手が入ってくる事を意識させるのは難しくないと思いますよ。


「オリーブティー」さんの引用:
今日の餌やり時にはパール5匹、ノーマル2匹の計7匹いました。
7匹もいれば、そりゃあたんぱく質も豊富に欲しいですよね。

パールホワイトで7匹って、冷静に考えれば多いですよね。
妊娠前の栄養状態もよくないと産子数は増えないので、エサだけでなく飼育環境も良かったという、結果が出たのではないでしょうか?
後は、油断しないように気をつけて、更に上を目指しましょう!


「オリーブティー」さんの引用:
大理石は持っているのですが、床材を掘ったりもぐったりしている子ハムが、大理石の下に入って挟まれないか心配です。

ケージの底に大理石を敷いていると、まず重さで動かせないですし、ハムスターは石は動かせないと思うのか、動かそうとした個体もいないですわ。
懐いていると、掃除している最中も手に寄ってくるし、石の下敷きになりそうになっても逃げないので、飼い主が挟んでしまわないよう気をつけるか、ケージからハムスターを出してから設置するかですかね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
表題:

Re: 七つの子があるからよ


投稿日時:
名前
オリーブティー

「管理者」さんの引用:

子ハムは好奇心が強いので、ケージの入り口を叩いて音を出して注目を集めたりして、人の手が入ってくる事を意識させるのは難しくないと思いますよ。

ありがとうございます。そのようにやってみます!


「管理者」さんの引用:

パールホワイトで7匹って、冷静に考えれば多いですよね。
妊娠前の栄養状態もよくないと産子数は増えないので、エサだけでなく飼育環境も良かったという、結果が出たのではないでしょうか?
後は、油断しないように気をつけて、更に上を目指しましょう!

そう言っていただけて嬉しいです!
精進いたします。


「管理者」さんの引用:

飼い主が挟んでしまわないよう気をつけるか、ケージからハムスターを出してから設置するかですかね。

思わぬところに隠れていたりしますから、油断禁物ですね。
ほかのケージのハムスターも暑そうにしていることがあるので、今日にでも大理石を設置しようと思います。

-----------
最近、母ハムが子ハムを攻撃するようになりました。
自立を促す愛の攻撃ならいいのですが、わりと頻繁に子ハムの鳴き声が聞こえます。
攻撃の前触れはなく、本当にいきなり襲い掛かる感じです。
攻撃された子ハムはお腹を見せて威嚇体制をとり、母ハムはそれ以上攻撃することはありません。怪我もしていないようです。
子ハムのほうはまだ母ハムに甘えたいようで、母ハムが巣箱から離れたところで寝ていると、わざわざ探し出して母ハムの近くで寝ます(そして攻撃されます)
今日で生後23日です。本当は60日くらいまで同居させようと思っていたのですが、現時点でやや危なさを感じています。
母ハムの精神面と子ハムの怪我の危険を考えて、分けたほうがいいでしょうか…?


そして私は子ハムの俊敏さをなめていました。
ひっつかまえることはできても、暴れてしまって写真がとれません…!
恥ずかしながら、今までハムスターを保定したことがなかったので(どの子も病気のときはすすんで薬を飲み、保定の必要がなかった)
子ハムの保定に大変苦戦しております。
しばらく修行しますので、写真は遅くなってしまいそうです。

表題:

Re: 七つの子があるからよ


投稿日時:
名前
管理者

「オリーブティー」さんの引用:
最近、母ハムが子ハムを攻撃するようになりました。
自立を促す愛の攻撃ならいいのですが、わりと頻繁に子ハムの鳴き声が聞こえます。

子供多いと、世話もめんどうですからね。オスを同居させていると、違ったのかもしれません。


「オリーブティー」さんの引用:
攻撃された子ハムはお腹を見せて威嚇体制をとり、母ハムはそれ以上攻撃することはありません。怪我もしていないようです。

ハムスターがお腹見せて鳴くポーズって、降参のポーズっぽいですよね。
多頭飼いしているとよく見ますが、お互いほとんど動かず、それ以上攻撃されるのを見た覚えはないです。
まぁ、その状態になると、飼い主が止めに入っちゃいますが。
逆に逃げ続けると、噛まれたり体をぶつけてケガをするので、鳴き声が聞こえない方が危ないです。


「オリーブティー」さんの引用:
攻撃の前触れはなく、本当にいきなり襲い掛かる感じです。
子ハムのほうはまだ母ハムに甘えたいようで、母ハムが巣箱から離れたところで寝ていると、わざわざ探し出して母ハムの近くで寝ます(そして攻撃されます)

暑さも影響しているかもしれないので、暑さ対策は早いほうが良いですね。
母ハムと子ハムを分けてしまうのが手っ取り早いですが、特定の個体に攻撃していないか注意して観察してください。
特に成長の遅い個体(小さい子)は他人を頼らないと生きてゆけないので、親や兄弟などに甘えようとして、それが原因で仲間に嫌われることが多いです。単独生活が基本のハムスターならなおさらです。
飼い主からすると、よく懐く個体なので、見つけたら里子に出さず自分で飼うのがお薦めですね。


「オリーブティー」さんの引用:
今日で生後23日です。本当は60日くらいまで同居させようと思っていたのですが、現時点でやや危なさを感じています。
母ハムの精神面と子ハムの怪我の危険を考えて、分けたほうがいいでしょうか…?

どの子ハムにも攻撃するようなら、母ハムスターが原因なのでケージを分けた方がいいですね。
特定の子ハムなら、その個体を分けた方が良いです。
飼い方からエサが原因でケンカはなさそうなので、縄張りや相性など分かりにくい問題だし、7匹のうち3匹が原因なこともあるので、何にせよ観察が必要です。


「オリーブティー」さんの引用:
恥ずかしながら、今までハムスターを保定したことがなかったので(どの子も病気のときはすすんで薬を飲み、保定の必要がなかった)
子ハムの保定に大変苦戦しております。

ハムスターをガラス(ケージのスライドドアとか)の上に置いて、下から写真を撮る方法もあります。
ハムスターは動くし、下から撮影すると明るさの問題もありますがね。
ちなみに、動物病院では保定できず下から観察する場合に、プラスチックのケージに入れて下から覗いたりもしますね。

速いし小さいし明るいところが嫌いと、撮影しにくい条件が揃った動物なので、ハムスターの自然な写真撮影は難しいですよ。
セット撮影すると、商品パッケージみたいに表情がこわばるし自然な姿ではないので自分で納得できないし、フラッシュはすぐ発光してくれないので、私は一眼レフが有効活用できず、飼育歴の割にハムスターの写真が少ないです。
スマホのカメラで動画に撮影して切り取る方が楽そうなので、画質を我慢してハムエッグの写真を増やそうかと考えてますわ。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。