必ず読んでください

このデータベースについて

理由が分からないまま苦しめたり死なせように、病気になったときの行動に変化を見つけるために、ハムスターに多い病気を個人的にまとめていました。
サイトの利用者から要望があったので公開し、訂正したり書き直したりをくり返しています。

弱いところを見せると天敵に襲われるため、本能的に病気を隠し、飼い主が症状に気づく頃にはかなり悪化していることがあります。
しかし突然死に見える病気も、行動を観察していると早期に発見することも可能です。
命のある生き物なので病気を完全に防ぐことは不可能ですが、先輩達がどうやって、病気や事故を防いだり、苦痛を和らげたのかを、参考にしましょう。

私自身は、先輩達が作ったハムスターMLフォーラムの相談で、どんな飼い方をすれば何の病気になりやすいかも分かり、獣医師でも判断できない悪い飼い方や行動も発見できるようになりました。
20年以上ハムスターを飼っていますが、そのおかげで下痢や脱毛など、初心者に多い症状を一度も発症させたことはありません。
もし病気になっても素早く判断し行動できるため、心配や無駄に考える時間が減り、病院代も安く処置も簡単になり、ハムスターだけでなく飼い主の負担も少なくなりました。
病気になって慌てて調べると、間違った情報でも安心したり、獣医師に必要なことを伝えられず、間違った治療をしてしまうこともあります。
ペットを飼ううえで当たり前の、相手を理解し共生するということは、病気に対しても同じです。

フォーラムで病気の相談をしていますが、長く続けているため少し詳しいだけで、病気にさせないための相談や、利用者からの病気の報告が主な目的だと考え利用してください。
飼い方のページは、怪我や病気の原因を知ったうえで、安全な飼い方を書いています。

参考文献について

主に参考にした文献は「ハムスター学入門(2000年 インターズー)斉藤 久美子(著)」です。
ハムスターの飼育本や獣医学の本、人間用の医学本、管理者の経験談や知識、利用者から報告などを書き足しているため、オリジナルの文献がほとんど残っていない状態です。

新しい治療方法や病気の詳しい情報は、獣医師でも全て把握できないため、病気にさせない飼い方や解決策を優先しています。
利用者からの投稿も参考にしているため、掲載している情報に間違いがあるかもしれません。
間違いに気づいたら、お問い合わせ を利用したり、フォーラムで正しい事例を投稿するなどして、教えてください。
しかし飼い主から見えると、そう見えることもあるということも理解し、ハムスターに接してください。

関連ページについて

各病気ページの下に、サイト管理者がお薦めする関連性の高い記事や症例のリンクがあります。
他のハムスターの事例や、似た症状、参考にしてほしいケア方法などが表示されています。

公開当初はフォーラムなどの投稿を解析して、自動で表示するようにしていましたが、プログラムの精度を高めても無駄だと気づき、全て管理者が記事を読み直し手動で設定することにしました。
病気の原因を話し合っているうちに、投稿者の予想とは違う病気だと分かったり、症状が進み違った病気が発病するからです。
そのため、リンクへのタイトルが関連性がなさそうでも、関連性の高い記事へのリンクになっています。

闘病中や返信を放置しているなどフォーラムのトピックや、管理者が作業できていない記事には、リンクが付いていません。
記事が多すぎて、なかなか作業が捗らないため、カテゴリを辿って記事を探すか記事検索を利用して探してください。
グロテスクな記事や写真は、検索エンジンの規約で一般利用者に公開できないため、フォーラムの会員専用のトピックの記事になっていることがあり、会員登録しログインした状態でないと表示したり記事検索からも探すことができません。

表記法など

病気の原因が分かっているものを「○○病」と言い、原因は分からないけど症状が出るものを「○○症」とか言ったりします。また、いろいろな症状が出る症状を「○○症候群」と言ったりします。
本当なら下痢は「下痢症」と言って、病気ではなく症状ですが、「下痢症」だと伝わりにくいので単に「下痢」と書いたりしています。
「一次疾患(いちじしっかん)」が一番初めになった病気で、「二次疾患(にじしっかん)」が一次疾患が原因でなった病気です。病気になった状態から、他の病気になってしまうことで、「風邪をひいて肺炎を併発した」など、「併発(へいはつ)」ともいいます。また「合併症(がっぺいしょう)」や「併発症(へいはつしょう)」ともいうことがあります。

以前は中学の国語の先生に校正してもらい、中学生程度の学力でも分かるように書いていましたが、逆に説明しづらく更新に時間がかかるため、なるべく分かりやすい程度の文章にしています。
気づかず分かりにくい専門用語を使用していたり、言葉を使い間違えたりしていることもあると思いますが、気がついたら教えてください。