飼育用品の洗浄・殺菌に使える安全な洗剤

清潔な動物なので感染に弱いです。
安全に掃除したつもりが、有害ガスを発生させたり、ケージが割れたりと、閉鎖的な空間に住んでいるので洗剤選びには注意しましょう。

投稿日時:
投稿者:USER0085

「仕事は暇になったけど出張が増えて、結局メールがまだ読み切れていない」[USER0085]です。
まだまだリハビリ中・・・

Subject: [Hamster:7549] Re: Shikyuu chikunou shou?における
[USER_NAME]さんの情報について、

この「アーク」でケージなどの消毒方法として

キッチンハイターを水で30倍程度に薄め10分以上浸しておくのが効果的だそうです。病気のハムに触ったときの手の消毒にも良いそうです。お試しください。

小生も最近までは塩素消毒万能派だったのですが、眼科医の友人からクラミジアの話を聞いたのをきっかけに、ちょっと宗旨変えしつつあります。

クラミジアは人のトラコーマ(眼の病気),鼠径リンパ肉芽腫症(性病ですね!)やマウス肺炎等の原因菌として有名ですが、この属には他にオウム病の原因菌もいます。
このクラミジアは、塩素消毒(次亜塩素酸ナトリウム=キッチンハイターの主成分)に対して比較的強く、プールに使用されている程度の濃度(薄いことは薄い)ではくたばらないそうです。
友人は、「だから眼科医は、決してホテルのプールでは泳がないのだ」と威張っておりました。

[USER_NAME]さんの情報にあるような濃度ならば、大丈夫とは思うのですが、
1)次亜塩素酸ナトリウムは光や熱で徐々に分解するため、保存中に効力が低下する場合がある。
2)殺菌の過程で有毒な塩素ガスが発生する(主婦で死亡例あり)。
3)皮膚や粘膜につくと、ダメージを与える。
などのことから、我々素人がケージなどの殺菌をする場合は、逆性石鹸による消毒が安全且つ確実なのではないかと思います。
逆性石鹸は、商品名だと「オスバン」(武田薬品工業?)などがそうで、薬局で手に入ります。

当メーリングリストにはその道のプロの方もたくさんいらっしゃるので、その辺の実践的なご意見をお聞かせ頂ければ非常に嬉しいの
ですが・・・
(と、最後は卑怯にも他人様に振ってしまった!)

投稿日時:
投稿者:USER0100

[USER0100]です。どうしようかと思ったけど、・・ちょっと長くなっちゃいました。

などのことから、我々素人がケージなどの殺菌をする場合は、逆性石鹸による消毒が安全且つ確実なのではないかと思います。
逆性石鹸は、商品名だと「オスバン」(武田薬品工業?)などがそうで、薬局で手に入ります。

あれ? 逆性石鹸は、まあまあ安全ですが、確実なわけではないですよ。ある程度殺菌力はありますが、あまり過信しない方が良いと思います。

#もちろん、普段、使う分には充分です。[USER_NAME]さんがおっしゃてるように簡便性、安全性からとてもよいと思います。

ただ、病気のハムちゃんのケージとかを洗う時には、殺菌力をあまり期待しない方がよいと思います。むしろ、そのあと水道水で、洗い流すことの方が大事です。あと、普通の石鹸といっしょには使えません。毒性も少しはあるので、ハムちゃんの口に入らないよう充分すすいで下さい。

・・次亜塩素酸の、『キッチンハイターを30倍に薄めて・・』というのが、次亜塩素酸ナトリウムとしてどれくらいの濃度なのか分かりませんが、1%溶液というのが一般的に器具の消毒に使われています。全ての病原菌、ウイルスに使えます。でも、ハムちゃんのためによくすすいであげて下さい。塩素臭がなくなってからも何度かすすいで下さい。彼らは鼻が利きますから。
それと、それなりに危険です。かならず手袋をはめて、手についたら水でしつこく洗って下さい。絶対に目に入らないようにしぶきなどには気をつけて、これも、万が一入ったら、すぐに30分程、水道ですすぎ、眼科で見てもらって下さい。

あと、次亜塩素酸の最大の欠点は金属に使えないことです。
ステンレス以外は腐食しちゃいますので、プラスチック製のものにしか使えません。

ちなみに私は、時々ハイターでおうちや三角トイレを消毒してます。
匂いも消えてくれるし・・・・(^^)。

投稿日時:
投稿者:USER0101

[USER0101]@「所属の英語名称が変わってしまった...」です.

送ろうと思ったら,[USER_NAME]さんのわかりやすいメールがきました.
そのまま送りますが,かなり内容に重複があります.
読み飛ばして下さっても結構です.

[USER_NAME]さんの情報にあるような濃度ならば、大丈夫とは思うのですが、

だいたい塩素濃度200ppm,汚れがひどければその10倍程度が目安といわれています.

1)次亜塩素酸ナトリウムは光や熱で徐々に分解するため、保存中に効力が低下する場合がある。

低温・遮光保存すれば分解は遅くなりますが,冷蔵庫にいれるのは家庭ではおすすめしません(あたりまえ).

3)皮膚や粘膜につくと、ダメージを与える。

それはそのとおりですね(特に高濃度の場合).

利点としては,
1.広く殺菌効果を示すので「お手軽」.
2.芽胞形成を行う菌に対しても効果が認められている.

などのことから、我々素人がケージなどの殺菌をする場合は、逆性>石鹸による消毒が安全且つ確実なのではないかと思います。
逆性石鹸は、商品名だと「オスバン」(武田薬品工業?)などがそうで、薬局で手に入ります。

「オスバン」は床面の清掃(他のものも使います)に実際に使用しています.
おもな注意点としては,
1.通常の石鹸と併用しない.
2.抗酸菌には効果が望めなく,グラム陰性菌およびウイルスにたいしても効果が高くないので,主としてグラム陽性菌と真菌が対象となる.

逆性石鹸液には,
1.皮膚に対する障害が少ない(手指の消毒等にも用いられています).
2.汚れを落とす効果も期待できる.
等の利点があります.

その他一般的な話となりますが,飼育器具等を薬剤処理する場合,クロロヘキシジン(商品名ヒビテン),エチルアルコール等々,用途によって使い分けています.

ちなみに「現場」では動物・人間に無害な以下の方法を用いています.
1.耐熱性のものはオートクレーブ(高圧滅菌)による滅菌.
2.飼料等で滅菌する必要があるものは,放射線(ガンマ線)滅菌したもの
  を使うことがあります.
3.その他エチレンオキサイドガスによる滅菌等.

#参考にはなりませんね...すみません.

投稿日時:
投稿者:USER0102

[USER0102]です.

あわてて補足です.ゴミメールです.
読み返してみて驚いた.

3.その他エチレンオキサイドガスによる滅菌等.

エチレンオキサイドガス自体は有毒です.よって,ガスの交換・滅菌器の管理には充分注意する必要があります.

#いいわけしているみたいだ.ううむ.

投稿日時:
投稿者:USER0118

[USER0118]です。
仕事の前にちょっとだけ

[USER_NAME]です。どうしようかと思ったけど、・・ちょっと長くなっちゃいました。

ちなみに私は、時々ハイターでおうちや三角トイレを消毒してます。
匂いも消えてくれるし・・・・(^^)。

消毒で思い出したんですが、娘がまだ赤ちゃんだった頃、わが家では哺乳瓶を消毒するための物がありました。商品名は忘れてしまいましたが、「赤ちゃんにも安全」みたいなことが書かれていたと思うのですが、あれの成分ってなんだったんだろう? 子育て中の方、商品名と成分を知りませんか?

それミルトンのことかもしれませんね!以前小児病棟で使用していました。
中味はただの次亜塩素酸ソーダだとおもいました。
ということは、キッチンハイターを100倍位で使用すればいいことになるのかなと思います。ちなみに歯の根の中を消毒?するのにもこれと、過酸化水素水を歯科では使用しています。