お見合い相手の相性と行動

ペットショップで40匹近い個体とお見合いし、失敗した強者の話もあります。
相性と発情周期が大切ですが、家の中で飼われているため自分で相手を見つけることがなく、本当に相性が良いか見極めることは難しいです。

投稿日時:
投稿者:USER0347

メスのジャンガリアン(ジジ)とオスのジャンガリアン(ナナ)を1匹ずつ飼っています。

1ヶ月間毎日少しずつ御対面させましたが一向に様子が変わりません。
(ちなみにケージは常に隣り合わせで置いてあります。)

ふぅむ・・・。以前、常に隣り合わせでケージを置いておいた方が、暫くお互いの臭いのしない場所に離して置いておいて、発情した時に近くに寄せたら”興味を持った”という話があったように思います。
#過去ログをBreedingとかbreedingで探すと見つかると思います

上手くボーイフレンド、ガールフレンドを見つける為には何をしたら良いでしょうか?

相性もあるようで、どうしても駄目な場合もあるようです。
また、通常はメスの方がテリトリーの意識が激しいようなので、オスのケージでお見合いさせると成功率が高い、とか。
そして、狭い場所でお見合いさせると、逃げ場が無いので最悪攻撃をして殺してしまうこともあるようです。
ハムちゃんの性格もあるとおもうので、あせらず頑張ってみては??
#大してお役に立てなくてごめんなさいね(T-T)

投稿日時:
投稿者:USER0362

[USER_NAME]さん、こんにちは。

あと、この話題については繰り返し登場していますので
breeding Breeding omiai
などのキーワードで過去の記事を検索してみると必要な情報は必ず見付かります。

早速コマンド送信してみました。
ありがとうございました。

ジジちゃんを連れてショップ巡り&店頭お見合いですかぁ?
すごいことしましたねぇ(^^;
#それよりもよくお店が許してくれたなと。

あるお店で「ジジを連れてきて下さい」と申し出を頂いた上でのお見合いでした。
でも、ちょっと可哀相な事したかなーとも思ってます。
どんなに大人しいハムを入れてもジジは震えてました。
で、ジジがようやく興味を示したのがナナだった訳です。

ということはもしかしたら上記とは逆の性格なのかもしれませんよ。
臆病であるがゆえに自分の縄張りを侵されたくない一心で、威嚇することもありますから。

犬でも人間でもそうですが、よく吠えるのは臆病者の証拠とか・・・
それに似てますよね。
思い出すと確かにナナはジジに飛び掛かったすぐあとに失禁してしまったりする事もありました。

1ヶ月間毎日少しずつ御対面させましたが一向に様子が変わりません。
(ちなみにケージは常に隣り合わせで置いてあります。)
ご対面の時はどのような場所、どういう手順でされましたか?
ペアによっては常に隣り合わせだとかえってストレスの元になってうまく行かないこともあります。

うーん・・・・
むづかしいものですね。

上手くボーイフレンド、ガールフレンドを見つける為には何をしたら良いでしょうか?
まずはもう一度お見合いのさせかたを見直してみましょう。
そのためにもう少し情報をください。

はい。
まづ、毎日ケージは隣り合わせにして置いてあります。
この時、2匹がお互いに顔を合わせる事はあまり無いようです。
で、一日に1回だけ(約5分くらい)、ジジ(弱い方)のケージの2階にナナをちょこんと置きます。
暫くするとジジが2階に登ってきて、2匹はお互いのお尻をクンクン嗅ぐって歩きまわります。この時、どちらもそんなにひどくおびえてはいない様子です。
そして5分後・・・
まづ、ナナがジジに飛び掛かります。(涙)
そして殺られまいとするジジがナナを攻撃する。

・・・というのがいつものパターンです。
最近はケンカになりそうな気配があるとすぐに分けてしまいます。

投稿日時:
投稿者:USER0386

こんにちは。[USER0386]です。

無関係じゃないような気がして出てきました。

(メスを先に飼っていて、ボーイフレンドを探すべくペットショップに
連れて行き、40匹近くとお見合いした結果がこれです。)

うちの子は、4日に1回くらいくると言われるメスの発情期以外の時は、仲が悪いです(;-;)

うちも初め女の子(ももちゃん)を飼っていて、その後男の子のチャーミーがきたのですが、初めて顔を会わせたとたん、ももちゃんは、ダッシュで私の腕を駆け登りました。その後は溜め餌をしてくれるし、うっかりチャーミーの臭いのついた手で触った時は思いっきり噛んでくれるし(これが初本気噛みでした)、こりゃあダメだわ。と思ってたんです。

ところが、ある日、散歩の時チャーミーがケージの側に行っても、ももちゃんが嫌がってないなぁと思ったので、ケージの蓋ごしに会わせてみたら、臭いを嗅ぎ会ってるじゃありませんか、そこで予備のケージで2匹を会わせてみたら、あっという間に、合体してしまいました。

[USER_NAME]さんのところは、男の子の方が、威嚇するということで、うちと反対ですね。だから、もしかしたら、全然的外れかも知れませんが。

それから、当たってるかどうか分かりませんが、うちの子の場合、初めは、チャーミーの臭いがしてもそれほど気を悪くしている様子はなかったんですが、顔を会わせた後から、チャーミーの臭いに過敏になったようです。
私も[USER_NAME]さんに教えてもらったんですけれど、ケージを隣におかずに、上下に並べてみては如何でしょうか。上下に並べると、お互いに臭いを気にせず、ストレスもたまらないみたいです。

[USER_NAME]さんのところも、機が熟せば、一転して、仲良しになるかも知れません。

私も、気長に待たれることをお勧めします。

投稿日時:
投稿者:USER0462

[USER0462]です。

♂が追いかける、♀逃げる、追いかける逃げる...♀振り向いて腹見せて
ジジジジジジ...っと威嚇 & ハムハムぱ〜んち炸裂っ!(^^;;


なんか引用が変になっちゃいましたが、これまでちゃんと指摘がなかったようなので....
#読み逃してたらすみません(_o_)

確か今回のケースでは♀のケージに♂を入れちゃったんですよね?
これはやめたほうがいいです。できるだけお互いのケージとは別の場所で、くわえて♂を先に入れておく方が成功確率が高いみたいです。

さて。もしかして、ゴールデンとドワーフ種では、そのあたりに結構違いがあるんでしょうか?有るんではないかなぁとか密かに思ってるんですけど。
求む!複数種飼いのご意見!!

違いはあると思いますよ、やっぱり。
これまでジャンガリアンハムスターやキャンベルハムスターの交尾を何度も見てきましたが、飼育書に書いてあるゴールデンハムスターの発情パターンとは違う事が多いですから。

あと、始めからうまくいくかどうかは相性とタイミングの問題みたいです。相性がよくってタイミングがバッチリなら出会った瞬間から....と言うのも過去にありました。
#あまりにも速攻だったんでこっちがあっけにとられた(^^;;;