トイレ

ハムスターの飼育初心者が起こしやすいトラブルが、トイレのしつけです。
ハムスターの様な小動物は、体に臭いが付いてしまうと天敵に見つかりやすくなるため、野生でも本能的にトイレを別に作りそこで小便をします。本能的な行動なので、飼育環境でも必ず小便はトイレで行い、飼育上級者はハムスターがトイレを覚えないことは異常な行動だと考え、飼育環境や飼育方法を見直すようにアドバイスします。
しかし、ハムスターの飼育が上手な飼い主や、トレイで100%オシッコをするハムスターでも、トイレとして使わなくなる商品があります。

ハムスター用のトイレは安い商品が多いので、市販の商品が増える度に買って試していますが、誰にでもお勧めできるトイレが少なく、トイレのトラブルは他のトラブルの原因もなるため、なかなか商品が増やせないカテゴリです。

マルカン ハムスターのゆったりコーナートイレ

かなり昔からある商品で、市販のハムスターのトイレの中では、トイレの使用率が高く、壊れにくいため、我が家では10年以上使っている物もあります。
プラスチックなので、底に小便に含まれているカルシウムなのがこびり付いてしまいますが、逆に考えるとその臭いがトイレを覚えやすい理由になるので、新しいハムスターが増えたときは、一時的に他のハムスターが利用していた古いトイレを利用すると、トイレを覚えやすくなります。
ゴールデンハムスターには小さいですが、ちゃんと利用してくれます。

旧商品名(マルカン リス・ハムのトイレ)
マルカン ハムスターのゆったりコーナートイレ
旧商品は、鉱物性のトイレ砂と、スコップが付いていましたが無くなって、何故かデコレーションシール名の安っぽいシールが付くようになりました。
糊が体に付くとハムスターは強烈に嫌がったり、カビの原因になるので、複数ハムスターを飼っていて、トイレを区別したいときは、シールを貼るよりマジックで番号を安全です。
カバーもクリアから薄い赤になり、正直改悪ですが、トイレ自体は色が違うだけで同じで、機能的には特に問題ありません。

本体サイズ W148×D104×H85mm