浴び砂

砂浴びは、毛に付いた汚れや臭いを取ることが目的です。
飼育がうまく、ウッドチップを使っているのなら、ハムスターが毛繕いするだけで汚れが取れてしまうので、短毛のハムスターには必須ではありません。
体毛の長い、ロボロフスキーや長毛種には必要です。
しかし、初心者や病気になったときには必要になることがあるので、いつでも使えるようにしましょう。特に初心者には必ず必要な飼育用品で、砂浴びをする回数が多いほど、なついていない証拠になります。

水で洗ったり、天日に干したり、フライパンで焼いたり、電子レンジでチンしたり、洗浄や消毒をすると再利用できるので、うまくローテーションして無駄のないようにしましょう。
下手に洗うと逆に不潔になることもあるので、手間を掛けたくない人は買い換えた方が楽です。

浴び砂はトイレ用の砂と違って固まったりしませんが、天然珪砂というガラスの材料にもできる砂で、使い方が悪いと危ない飼育用品です。
特に粒の細かい物は、汚れが取れやすい反面、ホコリが出やすく、エサに混じったり、目や耳に入り炎症を起こすことがあるので、ハムスター用に使える粗めの砂を選んでいます。特別な理由が無い限り、チンチラ用などは使わないように!

SANKO ハムスター用砂浴び砂 バスサンド 1Kg

SANKO ハムスター用砂浴び砂 バスサンド
細かいグレーの砂。

商品名にハムスター用と書いてあるだけあって、ハムスターの砂浴びに適した細かさのグレーの砂です。

ハムスターは砂の色の違いを気にしないので、グレーのこの商品か、赤いマルカン ハムスターの浴び砂 サラサラさら砂か、汚れ具合が分かりやすい方を選びましょう。

マルカン ハムスターの浴び砂 サラサラさら砂 1.5kg

ハムスターの浴び砂 サラサラさら砂
細かい赤みがかった砂。

古くからある浴び砂で、ハムスターのような短毛種には丁度いい感じ。
あえて「ハムスターの浴び砂」と、商品名からハムスターを外さないのも、私的にはポイントが高いです。

この商品に限った話ではありませんが、居心地が良いのか、トイレ代わりに使ったり、勢いよく砂浴びをしてケージやエサが砂まみれになったり、砂が目や耳に入って炎症を起こすなど、トラブルもあります。
色が赤みがかかっているため、トイレ代わりに利用されると、尿の色が分からず困ることがあります。
闘病中ならグレーのサンコー ハムスター用浴び砂 バスサンドを利用しましょう。

マルカン ハムスターの浴び砂 サラサラさら砂 650g

スドー 砂浴びのすな 1.5kg

スドー 砂浴びのすな
やや粗めのグレーの砂。

本来はプレイリードッグなどの、ハムスターより大きく力強い短毛種の小動物の浴び砂です。

砂浴び場をトイレに使ったり、勢いよく砂浴びをして砂がこぼれるのが気になるのなら、粗めで重いこの砂が良いかもしれません。ハムスター専用の砂より、やや飛び散りにくい程度です。
粗い砂の方が洗って再利用しやすいので、砂をゴミとして捨てづらい飼い主にもオススメ。
砂が重い分、毛にくっつきにくいので、湿疹など皮膚に問題があるハムスターにも良いかも。

スドー 砂浴びのすな 650g