乾燥野菜・野草・果物

そのまま与えたり、粉末にしてペレット団子を作ったりと工夫次第でいろいろ利用できます。

特に野草は香りもよくハムスターの食性も合い野菜よりよく食べますが、入手が難しく、都会では保存も難しいため乾燥させた野草は便利です。
しかしなかなか良さが伝わらないせいか、このページに掲載してもすぐに廃盤なってしまいます。
ハムスターの寿命より長持ちする乾燥野草もあるので、見つけたら手に入れましょう。食欲が低下したときに役に立ちます。

野菜は、水分や食物繊維の補給、食感を満たすことが目的の場合なら、スーパーなどで人間用に売っている生の野菜を与えた方が安上がりです。
また、ペット用の物は人間用として売れない理由があるので、規制のゆるいペット用として売られていることが多いです。
あくまでも乾燥野菜は、野菜を切らせたときなどの代用品や、ペレット団子の材料として利用しましょう。

マルカン もりもり野菜

乾燥キャベツ、乾燥ニンジン、乾燥ニンジンの葉、乾燥セロリがミックスされています。
乾燥して臭いが強いため、食欲が無いときは助かります。

湿気に弱く、すぐに傷んでしまうため、チャックは必ず閉じてハムスターの手が届かない所で保管しましょう。
我が家では、散歩中のゴールデンハムスターが袋に穴を空けてしまい、何度か腐らせてしまいました。

成分表
粗タンパク質:10.7%以上
粗脂肪:1.7%以上
粗繊維:10.5%以下
粗灰分:8.0%以下
水分:5.8%以下

ハッピーホリデイ 乾燥タンポポ

タンポポは人間もなじみ深い野草ですが、ハムスターにもなじみ深い野草のようで、綿毛を探して持って帰ったりします。

利尿作用などがあり、生薬として利用されることもあるため、常食させない方がよいですが、ハムスターには自分の判断で使える薬草なので、たまにエサ入れの横などに蒔くなど、ハムスターの判断で食べられるように与えると、病気を早めに発見したりできます。我が家では、乾燥タンポポは常に在庫をしていて、野菜を切らせたときに与えたり、様子がおかしいと思ったときに与えて、食べる量から体調の変化など考えるきっかけとして利用しています。

乾燥した物は臭いが強いため、弱ったときにも食欲を刺激しますが、体温を下げたり、胃を刺激したり、利尿作用で不足した水分が原因で栄養価の低い野菜を多く食べたり水を多く飲んで更に体温を下げたりと、悪循環を作る可能性もあるので、病気の時には与え方には注意が必要です。
より強い利尿作用を期待したいのなら、スイカの種の方が期待できます。