おやつ

人間的な感覚のおやつではなく、めったに与えない餌という考え方で掲載しています。
人間が見ておやつに見える形や包装のペットフードは、人間用のおやつの質を悪くした物ばかりなので、パッケージに主食と書いてあっても与えないようにしましょう。

アラタ めじろのゼリー

アラタ めじろのゼリー
原材料:果糖ブドウ糖液糖、リンゴ果汁、ゲル化剤。とシンプル。

野菜を切らせたとき、水を飲まないとき、突然の通院や、弱ったときには心強いので、1歳を過ぎたら持っていると安心です。
しかし、糖分が多く安定剤などが入っているので、野菜の代わりに常食させたりせず、ゼリーは添加物まみれの物が多いので、他の商品や人間用の物を与えたりしないようにしましょう。

短距離なら、ハムスターは水分が無くても大丈夫で、新鮮な野菜があれば水分はまかなえますが、突然の通院に野菜を準備できなかったり、入院の必要がある場合は病院のエサを食べなかったり、移動中のストレスを緩和するためにと、特に病気の時は食欲が落ちるので、使い方を間違えなければ便利です。

たまたま、ロットの違う商品を持っていたので比較できましたが、ゼリーの色が違います。左が半年くらい前に買った古い商品で、右が在庫切れで取り寄せしてもらった商品ですが、ここまで色が違うということは、余計な着色をしていないので、安全性が高いといえます。
しかし、巣箱に持って帰ってしまいカビが生えることがあるので、カップごと持って行くハムスターには注意が必要です。

ジェックス 赤と青のりんりんりんご

フリーズドライをしたリンゴで、水分量が少なく、リンゴの成分が残っているので、ハムスターの生態に適したおやつです。
しかし、ハムスターに与えるには甘過ぎ、食感もサクサクしていて、特にゴールデンハムスターは、よく食べるので、与えるときには注意しましょう。

フリーズドライですが、あまり空気中の水分を吸わず、腐りにくく、ハムスターもよく食べるので、ゴールデンハムスターなら余らせることもないと思います。
砕けやすいので、粉末にして、ペレット団子に加えたりでき、病中も役に立ちます。
ちなみに、生のリンゴの、水分量は85%で、エネルギーが54kcalほどなのを踏まえ、与え方にも注意しましょう。