みんなで相談、みんなで解決。

左右対称の部分脱毛

表題:

左右対称の部分脱毛


投稿日時:
名前
とろろの飼い主

【相談内容】左右対称に脱毛した原因について(両腰)

・種類:イエロージャンガリアンハムスター
・年齢:1歳2ヶ月
・性別:メス♀
・体重:65g まんまる
・数日間の状態と経過:4日前(4/24)に左右対称の腰部分の脱毛に気付きました。発見当日に病院へ受診しましたが、ニキビダニは検出されず、医師によれば「左右対称の場合ストレス性かホルモンの病気によるものの可能性があるが、原因は定かではないので、抗生物質の飲み薬で様子見てください」とのことでした。経過としては、1日2回飲み薬を与え、痒がる様子もなく、食欲もあり、元気に見えます。この様子は発見前、発見当日も同じ様子で変わりません。
2週間前には定期検診に行ったばかりで、その際は皮膚の異常はなく、肥満とのみ診断されていました。
・ケージの種類とサイズ:飼育当初より、ルーミィ60+トンネルを通して、別途サークル内にクラブハリエの箱で手作り巣箱を設置。(サイト:ハムスターの地下型の巣箱を参照しました)ルーミィより、月1程しか人の手を加えない手作り巣箱のほうがお気に入り。
・回し車:毎晩よく利用する。
・トイレ:2~3日に1回砂の取り換え。
・床材:天然広葉樹パルプ「柔ごこち」使用。当初、白樺チップを使用していたところ、細かい屑が舞い、目をシパシパしたり、痒そうにしたり、一切ルーミィに居たがらない様子を見て、柔ごこちへ変更。変更後はキュッキュッと鳴きながら、お気に入りの巣箱へ床材を沢山運んだりしていました。
・エサやオヤツ:ペレットを主食としながら、好き嫌いを把握するためにも、当初からミックスフードやドライフルーツ、生野菜、穀物、ミルワームなど様々な種類の食べ物を与えていました。(与えすぎと思われるくらいがちょうどいい、貯蔵の特性を活かして食事量を自身で調整できる生き物と教わっていたため)
・ケージを設置している場所:リビング壁側、テレビの近く。せめて、人間の足音の振動が直に伝わらないように低い棚の上に設置。
・ケージの掃除:ルーミィは週1か2週間に1回。
手作り巣箱は貯蔵庫と寝床でもあり、1ヶ月に1回。
・接している時間:平日は顔を見かけないほど、ご飯やトイレの砂替えのみ。触れ合うとしたら、土日の掃除中、部屋んぽの数分程度。
・他に飼育しているペット:無し。

【現在の対応・変化】
・抗生物質の飲み薬で様子見。
・痒そうにはしていない。
・食欲あり。体重変化なし。元気。
・床材を新たに再生紙ではない100%パルプ「やさしいペーパーマット」へ購入。変更予定。
・免疫力を高める食べ物を考慮し、マルカンの「beePremium」へ変更。
・擦れるリスクを考慮し、回し車を横型のものを購入。変更予定。
・常時行き来できるジャバラトンネルには毛の付着はありませんでした。
・顎部分も毛が薄れている気がする。
・5月頭に再診予定。

⇒長文となり、大変申し訳ございませんが
ストレス性やホルモンの病気に近いと思われる要因はありますでしょうか?ストレス性による場合、どのような行動をする傾向にあるかとかも知りたいです。写真も参考頂き、ご意見の程よろしくお願い致します。


説明
腰部分の毛がなく、赤く皮膚が見えています。
ダウンロード回数
3回
ファイル形式
JPEG

説明
顎あたりの毛も薄れているような気がします。
痒がる素振りはありません。
ダウンロード回数
3回
ファイル形式
JPEG
表題:

Re: 左右対称の部分脱毛


投稿日時:
名前
管理者

「とろろの飼い主」さんの引用:

左右対称の場合ストレス性かホルモンの病気によるものの可能性があるが、原因は定かではないので、抗生物質の飲み薬で様子見てください

「飼い方が悪いため季節の変化に体が対応できず、ホルモンバランスを崩して脱毛するくらい引っ掻いているけど、何もしなくてもしばらくすると治まるので、念のため抗生物質も出しておこう。」という感じですかね。

「とろろの飼い主」さんの引用:

その際は皮膚の異常はなく、肥満とのみ診断されていました。

普通は後ろ足の付け根、人間の腰辺りを搔いてハゲるのですが、太って足がとどいてないんでしょうかね?
ストレスが原因の円形脱毛症なんですかね?
写真のコメントに「赤く皮膚が見えています」と書いていますが、皮膚の色が見えている、炎症で赤く見えるという訳ではないですよね。
人間でも季節の変わり目になると、腰や二の腕が痒くなる人がいますが、根本的な原因は体質プラス不摂生ですね。ハムスターの場合は体力で補えなくなるくらい飼い方が悪いと判断するといいです。
簡単に言うと、季節の変化に体がついて行けていない状態です。当然免疫力も落ちます。
何もしなくても治ることの多い症状ですが、更に年を取ると、脱毛だけでは済まなくなるので、対処した方が良いですよ。

「とろろの飼い主」さんの引用:

ハムスターの地下型の巣箱

それは薦めてないですね。
飼育環境で閉鎖空間を作ってしまうと、空気の流れが悪くなって、ハムスター本人も温度や細菌の管理ができないですからね。今回の脱毛の原因だと言われても、不思議とは思わないです。

「とろろの飼い主」さんの引用:

白樺チップを使用していたところ

すでに免疫周りのトラブルが出ていた?
アレルギー系の質問は、換気や体温を上手に調整できない飼い方をしている人が多い気がします。

「とろろの飼い主」さんの引用:

与えすぎと思われるくらいがちょうどいい、貯蔵の特性を活かして食事量を自身で調整できる生き物と教わっていたため

「与えすぎ」という言葉引っかかりました。
野生で食べている物は管理できますが、果物や加工食品はハムスターは上手に管理できないです。
分かっているかもしれませんが、ペレットや野菜など主食になる物は十分に与え、オヤツになる物は適量ですね。

「とろろの飼い主」さんの引用:

免疫力を高める食べ物を考慮し、マルカンの「beePremium」へ変更

普通にビーポーレンをオヤツに与えれば、いいのではないですかね?粗食の動物かつ肥満の個体だと簡単に栄養過多になりますし。
所詮はペット用の品質ですし、いろいろ混ぜすぎて、体に悪そうです。ハチミツが入っているのに、甘味料が入っているし、低カロリー設計ってのが更に怪しい。

顎の下の毛が薄く見える場合、ヨダレで濡れていることが多いので、口の周りを舐めまくっているとか??
ハチミツやプロポリスが原因だといわれると、そうじゃないの?と納得できるレベル。
ハムスターは汚れることを嫌がるので、ハチミツを見ると逃げ出す個体もいるくらい、べたつく物は嫌いな動物なので、ドライフルーツの糖分も含めべたつく物は与えないこと。

「とろろの飼い主」さんの引用:

擦れるリスクを考慮し、回し車を横型のものを購入。変更予定。

そんな時は回し車を大きくするんですよ。
適切な大きさの回し車がケージに入らないのなら、ケージを買い替えですね。

「とろろの飼い主」さんの引用:

ストレス性やホルモンの病気に近いと思われる要因はありますでしょうか?

私の中では、そのケージを使っている人は、良かれと思っていることが原因で、いろいろやらかしている人が多いという認識になってます。
問題が起こりそうなことは分かっているけど、中途半端な感じですかね?

というわけで、実際に症状が出ているわけですし、エサも飼い方もシンプルにすべきですね。
トラブルに強いケージのレイアウトを参考に改善してください。

「とろろの飼い主」さんの引用:

ストレス性による場合、どのような行動をする傾向にあるかとかも知りたいです。

普通ではない行動が全て当てはまりますが、ハムスターの本来の行動を理解していないと難しいと思います。
脱毛しているみたいなので、毛繕いが多いとかね。しっかり飼えていると、毛繕いほぼ見ないですけど。
ストレスとはジャンガリアンハムスターの飼い方にもいろいろ書いてますよ。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。