ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスター用語辞典 な行

な行

内温動物(ないおんどうぶつ)

ほ乳類や鳥類のように、活動に必要な熱を、体内で作ることができる動物のこと。

温血動物とか恒温動物と言われることもある。
人間は、70%近いエネルギーを体温の維持に使用しています。ハムスターは人間より体が小さいため熱を溜めにくい生き物ですが、寝る時間を増やすことで無駄なエネルギーの消費を抑えています。
体温は、細胞や細菌などが最も活発に活動できる温度に維持されているので、病気などで弱ったときの保温が大切です。

内骨格(ないこっかく)

骨を芯に、内蔵や筋肉が付いた構造のこと。

外骨格の生物と違って、骨を太くすると大型化でき、関節を柔軟にすると運動性能が良くなる。そのため、ほ乳類などの大型の動物は内骨格です。
骨が体の中にあるので、皮膚で内蔵などを守っている。

関連ワード:[ 外骨格 ]

夏毛(なつげ)

夏用の毛皮のこと。

1年で温暖差がある所で暮らす動物の、毛皮の夏バージョン。
野生でのジャンガリアンは夏毛と冬毛で色が違い、普段見る黒い毛は本来は夏毛の色です。
基本的には、冬毛より夏毛の方が毛が短く、色が濃くなる。

関連ワード:[ カウンターシェーディング | 冬毛 | 保護色 ]

縄張り(なわばり)

侵入者に対して、守らなくてはならない空間のこと。

縄張りを作る理由は、エサの確保だったり、家族の安全だったり理由はさまざま。ほとんどの場合、縄張りは同じ種類の動物に対してのもので、他の種類の動物などとは、活動する時間やエサが違うので、うまく縄張りを共有している。
特にオスの方が縄張り意識が高く、オスのゴールデンハムスターを同じケージで飼うと確実にケンカになる。また、野生のゴールデンハムスターの縄張りは、直径30mくらいあり、普通の部屋では狭すぎる。だからケージの位置が近いだけで、オスはストレスを感じることがある。

関連ワード:[ ホームレンジ | 回し車 ]

肉球(にくきゅう)

主にネコ目の足の裏にある、やわらかい肉の俗称のこと。

肉球があるのはイヌ科、ネコ科、クマ科、イタチ科の肉食の動物で、こっそり近づくために必要なものです。ゴールデンハムスターの足の裏にも、肉球らしいものがありますが、肉球と言っていい物なのかは分かりません。

肉食動物(にくしょくどうぶつ)

鳥獣の肉を食べる動物のこと。

肉は消化しやすいのでウンチの量は少なくなるが、ウンチの匂いが臭くなる。
肉食の動物は犬歯(キバ)や、鋭いツメを持っている。
肉食性の動物は、追いかけることが好きなので、人間とはいい遊び相手になる。

関連ワード:[ 雑食 | 食糞 | 食物繊維 | 草食動物 | 反芻 ]

二足歩行(にそくほこう)

後ろ足だけで歩くこと。

ちなみに鳥も二足歩行。
ハムスターなどのげっ歯類の多くは、前足をうまく使ってエサを食べることができ、少しなら二足歩行もできる。
ちなみに人間の腰痛は、現代人だけの問題のように思われがちですが、二足歩行をしたばかりの原始人は、現代人よりさらに腰痛がひどかったらしいです。進化も不十分だし、筋肉をあまり使わなくなったので、人間の腰痛は今後もなくならないでしょう。

日光浴(にっこうよく)

ひなたぼっこのこと。

太陽の光を体に浴びることによって、骨が強くなったり、体温が上がったり、皮膚の殺菌ができたりする。また自然の光を浴びることによって、精神的な効果もある。
しかし、ハムスターが直接太陽光に耐えられる時間は10分程度で、それ以上太陽の光を浴びると、熱射病になることがある。リスクを冒してまで、ハムスターに日光浴をさせない方がよい。

乳歯(にゅうし)

アゴが成長する前に、とりあえず生えている歯のこと。

乳歯が生えるのは、ほ乳類の特徴です。歯は骨より硬く、成長することができないので、アゴの成長にともなって、歯が抜け替わる。
歯は骨より硬いので、化石で見つかることが多い。

関連ページ:[ 飼い方 > 体の仕組み・使い方 > ハムスターの歯 ]
関連ワード:[ 臼歯 | 切歯 | | 無根歯 | 有根歯 ]

猫舌(ねこじた)

熱い食べ物が苦手な人のこと。

熱いという感覚は痛いの次に強く感じ、本来動物は、調理した物を飲んだり食べないので、人間を含めてどの動物も猫舌です。猫だからということではありません。熱さに弱いのではなく、熱さに臆病なだけなので、限度はありますが、慣れれば食べられるようになります。

ねずみ算(ねずみざん)

短期間に急激に増えること。

ねずみの繁殖力の強さを表した計算式からの言葉ですが、いくら子供を産もうとも、天敵の存在や餌や縄張りの問題があるので、無制限に増えることはなく、適正数になるのが自然界での姿。

ねずみ小僧(ねずみこぞう)

盗賊、鼠小僧二郎吉を題材にした、有名な捕り物人情劇のこと。

実際には芝居とはちがい、盗んだお金を酒やギャンブルにつぎ込んで、死刑になったらしいです。
よく懐いたハムスターでも人の食べている物は盗りませんが、床に置いてる食べ物は持っていてしまうことがあります。これは、落ちている食べ物を拾っただけで、盗んでいる訳ではありません。ハムスターだけに、「猫ばば」はしません。

ノーマルカラー

野生個体と同じカラーリングの個体のこと。

野生色のゴールデンハムスターがミックスとして売られていたり、ミックスのゴールデンハムスターはノーマルとして売られていたり、サファイヤが入っているけど色が薄いのでノーマルとしてジャンガリアンが売られていたり、おかしなことになっていることも多い。