ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

トイレ砂

トイレ砂は、消費期限を意識せず使え、大きかったり重かったりするので、通販向きの商品ですが、初心者は鉱物系、普段は木粉系、病気が気になると漂白紙系と、使い分けると効果的なので、買いすぎず、小袋で買ったりすることも、無駄づかいを減らすコツです。

鉱物系のトイレ砂

自然の砂に近いため、ハムスターがトイレとして利用しやすい砂ですが、飼育方法や接し方が悪いと、トイレ以外に利用してしまうのが、鉱物系のトイレ砂の特徴です。
そのため初心者は、まずは鉱物系のトイレ砂を利用し、自分の飼育方法が正しいのか考える材料として利用しましょう。

鉱物系のトイレ砂は不燃ゴミなので捨て場所に困ってり、ペットを飼っている人が、自主的に環境破壊に参加することも後ろめたいと思います。
そのため、飼育になれてきたら、「木粉系」のトイレ砂に変更することをお薦めします。

消臭などの効果が書いてある商品も、効果のある素材がほとんど入っておらず、その上にハムスターが的確にオシッコをはずもないため、初心者や販売店に興味を持たせる営業材料的な物です。私からすると、危ないので入れないでほしいくらいの物ですが、量が少ないため、あまり気にしなくても良いと思います。

木粉系のトイレ砂

鉱物系のトイレ砂とは違い、それなりに加工した人工物なので、ハムスターのような小さな動物に適し、砂に似せたトイレ砂を選ぶ必要があります。
木粉系のトイレ砂は、砂に似せてあり砂ではないので、きっちりトイレを覚えているとトイレ以外でオシッコをしないメリットもありますが、ハムスターがトイレ砂の上で体温を下げたりできないので、砂浴び場や冷却用品は忘れないようにしましょう。

木粉系のトイレ砂の粒は、鉱物系のトイレ砂の粒に比べて大きく、水分をあまり吸収しないまま固まったり、長期間放置するとカビが生えるなど、安全だから起こるデメリットがあります。そのため、消費量が早いトイレ砂なので、多めに購入することをお勧めします。
実際には木粉だけでできていないトイレ砂ばかりですが、可燃ゴミとして捨てられ、ゴミ箱の中でも臭うようなこともありません。

漂白紙系のトイレ砂

紙のトイレ砂は、ハムスターがトイレとして利用しにくかったり、別のことに使ってしまうこともあるので、使い続けるには不向きです。
しかし、色が白いために、おしっこの色を確認するときなどには使いやすいトイレ砂なので、病気になったときに備えておきましょう。また、色を確認するだけなら、キッチンペーパーなどでも代用できますが、キッチンペーパーはハムスターがトイレとして、さらに利用しにくいだけでなく、緊急時こそ、備え安全な物が必要です。

いろいろ購入してみましたが、ハムスターの大きさや生態、紙ならではの危険性があり、ハムスターに使える紙製のトイレ砂が少ないので、掲載していない漂白紙系のトイレ砂を購入する場合は注意しましょう。

マルカン ハムスターの固まるトイレ砂 消臭砂っ固 1.5Kg

マルカン ハムスターの固まるトイレ砂 消臭砂っ固 650g

スドー かたまるサンド お徳用 1.5kg

スドー かたまるサンド 600g

サンコー セーフクリーン

アイリスオーヤマ ウッディフレッシュミニ 1.5L

ペットライン お花畑ペーパーサンド小動物用 1.2L