ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

アミロイドーシス(あみろいどーしす)・アミロイド症(あみろいどしょう)・類デンプン症(るいでんぷんしょう)

症状

多飲多尿。体のむくみ。食欲不振。手足のしびれ。便秘下痢の繰り返し。

原因

遺伝。

治療

NO DATA

予防

早期診断が難しい。

コラム

アミロイドーシスは、アミロイドと呼ばれるタンパク質が、あらゆる臓器の細胞の中に畜り、その臓器が正常に働かなくなる病気です。腎臓、脾臓、副腎、肝臓で多く、メスのほうが若い時期でかかる可能性が多い。
症状が進むと、浮腫、腹水、タンパク尿・多飲多尿などの症状が現れ、腎不全肝不全になり、最終的に全身衰弱となってしまう。死亡率がかなり高い。
根本的な治療方法はないので、薬で症状を抑えるしかない。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。