ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

飛行機・電車でのペットの移動(3/5)

投稿日時:
投稿者:ETC_USER

[USER_NAME]です。

夏に飛行機で山形へ帰省することになり、はむすたーも一緒に連れていこうと思っています。(ぽー:ゴールデン,♀,体重140g,年齢7ヵ月半)・・・が、どうしたらいいのかわかりません。

Q1:運賃はいくらくらいかかるの?(飛行機&電車)
Q2:ケージのまま連れていっても平気?
   (HOEI・2階建てケージ)
Q3:移動に関しての注意事項など

ホームページから抜き出してきました。
----- ここから -----
ハムスターを飛行機に乗せたいんだけど

帰省する時に一緒にハムスターを連れて帰りたいなって言う方が意外に多いみたいですね。でもハムスターに限らず、動物の機内への持ち込みは制限されてます。飛行機で移動する場合には搭乗する前に預けることになります。
「動物用の貨物室は気温や気圧が低いので安心できないのでは?」と心配なさる方もおられますが、そのようなことはありませんので、心配する必要はありません。ただし、預けるためには別途料金がかかります。詳細な料金や注意事項は各航空会社へ電話で尋ねてみましょう。親切に教えてもらえますよ。

手元にJASとANAの電話番号があったので、問い合わせてみました。

JAS:
東京、札幌間の片道の料金は10Kgまでは4500円。注意事項として、水ボトルなどこぼれるものはだめとのことなので、水分はキュウリなどの野菜や2%寒天(後述)で補給するとよいでしょう。さらに出発の1時間前に手続きをしてくださいとのことでした。
ANA:
東京、札幌間の片道の料金はJASと同じ4500円でした。さらにANAではANAで用意した頑丈な檻に入れて欲しいとのことでした。
理由は持ち込んだケージやプラケ(プラスティックケース)では、他のものを積み上げたときに、つぶれてしまうと困るからだそうです。
実際にはANAで用意した檻の中にハムスターのケージやケースを入れることになるでしょう。でも、この檻の値段は510円だそうです。
う〜ん、檻の値段ぐらいはタダにしてくれればいいのに(-.-#
それから、「動物にはかわいそうなんですが、水や食べ物は入れないでください」とのことでした。

あと、搭乗前3、40分には来て下さいとのことです。なんでも誓約書を書かせるのだそうだ。

両社とも路線により料金は異なるそうです。また、動物を保管する場所の温度や気圧は客室と同じだそうです。

齧歯類の空輸の際の2%寒天の作り方

食用の粉末寒天を2%水に混ぜる。
煮立てる。
固まるまで静置する。
できた寒天ブロックを放り込んでおく。

<留意点>

寒天の濃度が2%より低くなると柔らかくなりすぎ、簡単にくずれてしまいます。
水を飲む習慣のないハムスターで、寒天ブロックをかじってくれるかどうか、テストしたことがありません。マウスではこれまでに最長、飛行機乗り継ぎで4日間かかったことがありましたが、無事についています。
----- ここまで -----