ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの弁膜症・心不全(1/2)

投稿日時:
投稿者:ETC_USER

お久しぶりです。[USER_NAME]&だんごです。

だんごの腫瘍のときは、いろいろアドバイスしてくださいまして、ありがとうございました。
腫瘍は何とか、小さくなっているみたいです。
おなかのはげは、冬毛が生えて、すっかりなくなりました。

だんごは今、弁膜症の可能性があると診断されました。
弁膜症とは、心臓の弁が閉じにくくなる病気だそうです。
22日の昼から、全身を震わせているような感じで、ピクピクしていました。
当然病院も開いていません。食欲もなく、小屋の外で寝て、うずくまっている状態でした。
「もうだめかも・・・」とそのときは思いました。
何とか、強制給餌をして、24日に病院に連れて行きました。
医師は、聴診器を当て弁膜症の可能性がありますと診断しました。
体重も、一番元気でいたころの約半分の、29gしかありませんでした。
2歳過ぎから、体重は減ってきていたのですが、病気をし始めてから一段と減り、夏に病院のお世話になってから見てもらっている医師に、「たんごちゃん、やせたね」といわれました。
昔のような「だんご」を連想させる姿は、ありません。

今は、薬を飲ませ、食欲も戻りましたが、呼吸はいつもよりは荒いです。

2歳6ヶ月ぐらいなので、老ハムです。医師も「お年寄りだから、」と言っていました。
長生きして欲しいです。