ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターと抗がん剤の副作用(3/3)

投稿日時:
投稿者:USER0006

こんにちわ、[USER_NAME]です。

長くなりましたが質問です
*抗ガン剤の副作用とはどうなるんでしょうか?
*ドクターに肉類の脂肪は良くないと言われましたが、他に食べさせてはいけない食品はあるのでしょうか?

抗癌剤は、それぞれの種類によって副作用が異なりますので、製剤が何であるかを知らなくてはなりませんが、とりあえず。
大きく2つに分けて。
1、細胞を直接破壊するもの
出血、悪心嘔吐、下痢、下血、肝機能障害や腎機能障害。
そして、腫瘍細胞が破壊される際に細胞内蓄積物質が放出されるのでそれに基づく障害。
2、細胞の分裂を阻止するもの
核酸の合成を阻害するものが多く、体の新陳代謝機能がガタンと落ちます。悪心嘔吐や倦怠感、頭痛などがありますが、なにより元気が失われます。

1種類の抗癌剤をそのまま使用しても、副作用が強くあらわれるので、数種類の抗癌剤を少量ずつ投与して、副作用の軽減を図って投薬します。
ただ、相手がハムスターであれば、そのような使用法は夢ですね。
ついでに言いますと、細胞を傷つけるわけですから、抗癌剤自身が発癌物質であるといえます。

食べさせてはいけないものというのは、たくさんありすぎて省略。
基本的に人間の嗜好品は駄目、訳の分からない怪し気なものは駄目です。

かかりつけのドクターはもちろん小動物も見れるのですが、やはり犬猫専門なかんじなんです。


ここは毎度お馴染みの突っ込みになりますが、
 大動物が、牛や馬
 中動物が、豚
 小動物が、犬や猫になります。
ハムスターや小鳥は、エキゾチックペットという取扱いになります。