ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターと酸素ボンベと酸素室(2/4)

投稿日時:
投稿者:USER0349

こんにちわ、[USER0349]です。

入院通院を繰り返して1週間たつので環境の変化によるストレスのほうも心配になり、在宅医療の相談をしてみたところ、酸素ボンベを貸してくださるというお話をいただいたのですがその酸素ボンベは高さ1メートルくらいの大きなもので火の取り扱いの注意も厳重にしなければなく、即断しかねるものでした。

酸素は可燃物では無く、支燃物なので、それ自体が爆発する危険はありません。
故に、ボンベの色は「黒」です。可燃物の場合は「赤」になり、消防法に規定された防火構造設備がないと貯蔵保持は御法度です。

ただ、酸素も側に火器があればやはり爆発的な燃焼を支ええることになりますので、それなりの制約は受けます。
本来ならば、そのまま入院させておく方がベターなのでしょうが、いろいろ都合もありますでしょうから、貸してくれるというのなら借りてもよいのでは。

本来でしたら、ボンベの減圧器がないとそのままでは使用できませんが、さすがにこれなしで貸し出すということも考えられないので、こちらは省略。
あとは、純粋の酸素というのは大変喉を痛めますので、必ず水を通して湿らせてから吸入するようにして下さい。
まあ、介護用のボンベにはどちらもセットされているのが普通ですから、あまり心配する必要はありません。
厚手のビニールで酸素テントを作成して利用すれば、良いのではないかな。