ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

小さい回し車やケージでハムスターが脊椎障害に(9/9)

投稿日時:
投稿者:USER0103

こんにちわ、[USER0103]です。

立ち姿で体を反らして飛び上がるわけだから、着地の時に腰にかかる負担は、無理な姿勢で回し車を回し続ける比ではないと思われますよね。

こちらの場合はあまり心配なさらなくても良いのではないでしょうか。
あまり、推定原因としては予想していません。

「ケージ麻痺」という病名は確かにちょっとおかしいように感じますね。「ケージ麻痺様症候群」とでも言った方がいいような。
#勝手に病名作っていいとは思わないけど。

先に宣言してしまった者の勝ちということかな? 納得のいかない不適切な病名は結構あったりしますよ。

回し車で運動しているのに、サイズが合ってないと姿勢が悪くなるために運動不足になるんですよね?なんかわけのわからん話ですよね。
姿勢が良くない状態での回し車運動が体の一部に負担をかけて、結果麻痺という症状が出るのであれば、運動不足による麻痺とは違うように感じるのですけど。

たぶん、脊椎と脊椎の間隔が狭くなり、椎体と椎体の間にある神経孔が圧迫を受けて狭くなって神経も圧迫されるのではないかな。これは私の想像なんですが。
これは無理な姿勢が長時間続くというのは、りっぱに原因となります。

ハムスターはあの体型ですから、普段から腰に負担がかかっていると考えるのは不自然ではありません。実際、腰椎の骨折や脱臼の例も少なからずあるようです。ですから、本当のところは腰を痛めたハムスターについて、原因の確定ができなかったものを運動不足が原因によるケージ麻痺と呼称したのではないかな?保証の限りではないのですが私の考えでは、運動不足は原因ではなく、結果なのだと思います。
まあ、ハムスターが小さすぎるのが引き起こした混乱とも言えると思いますが。

レントゲン撮影してわかるってものでもないのでしょうか?
体への負担が原因で麻痺が出てるなら、レントゲンで背骨の関節が圧迫されてるとかわかりそうな気がするのですけど、これって素人考えかしら?

レントゲンの機種、フィルムの種類と増感紙、撮影方法と読影者によると考えられます。一番良い撮影条件で拡大撮影ができれば、読み取れるかもしれませんが、一般的とはいいいがたいです。