ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

小さい回し車やケージでハムスターが脊椎障害に(4/9)

投稿日時:
投稿者:USER0084

こんにちわ。
[USER0084です。

subject 変えました。(合ってますでしょうか?)
学問的?興味があるのでもう少し教えて下さい。

私はこの状態を「ケージ麻痺」のようなものではないかと受け止めたのですが。椎間板ヘルニアとは別の機序になります。
ケージ麻痺は原因不明とされていますが、狭いケージによる運動不足が影響しているのではと考えられています。この場合の狭いケージに相当するのが小さめの回し車ということになります。
発症過程は、主治医の先生の説明と同じと考えて良いと思います。
実際問題としても、セミナーなんかで見聞きする例は、小さい回し車で後半身が麻痺してくるという例が多いようです。

「ケージ麻痺」! 初めて聞きました。
ということは・・・・移動が充分に出来ない狭いスペースに押し込んだり、無理な体勢で運動を強要したりすると、この症状が出てくる訳ですね。
人間に較べて新陳代謝が早いハムの場合、

(1)運動不足による廃用性の筋萎縮(例:寝たきりの人が筋肉が弱る)と、

(2)脊椎の後彎(うしろぞり)による下肢の運動神経の拘約(しめつけ)による麻痺〜筋力低下が早期に起こってしまう

この2つが複合要因?・・・・と考えていいのでしょうか。
(かなり断定的になってきましたが・・・・)

で、ここからが大事なのですが、ケージ麻痺とするなら対症療法としては広いケージでよく運動させるというのが出てきます。

人間でいうと、運動量を増やして(1)の要因を除くわけですね。

(狭い場所での運動不足、というと宇宙ステーションの中で自転車こぎ(エアロバイク)をえいや、えいや、としている絵がつい浮かんでしまいます。ハムスターにとっての回し車もそれと同じ意味があるんでは、と思っているんですが・・・)

獣医師としてこの発言をしてしまうと、主治権の侵害にあたるので、飼い主さん同士の助言があるといいなと考えていました。
# このメールがすでに問題ありそうで、主治権を侵害していそうです。

確かに同業者だと難しい、デリケートな部分ですよね。
僕は対象がハムスターだからズケズケ言ってますけど、逆に、人間の健康相談だったら、僕はここまで言えないと思います。(^_^;)

歩行の型のことだと思いますよ。
・・・・(すいません、バッサリ割愛)・・・・・・・・
踵にあるアキレス腱をそれこそ有効に使っていますよね。

おお!そうだったんですか!覚えておこう・・・φ(..)
やはり4足の動物も、人間もアキレス腱は歩行に重要な役割を果たしているんですね。

「土踏まず」のあるなしということになると、本当に限られた範囲の動物の話しになってしまうように思います。

霊長類のヒトだけ・・・・ですか? やっぱり。
ひょっとしてゴリラなんかにもある?