ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

小さい回し車やケージでハムスターが脊椎障害に(3/9)

投稿日時:
投稿者:USER0081

[USER0081]です。

結果、骨・神経等には何も異常はなく、腰に負担がかかっているための「しびれ」が原因で、びっこを引いたようになっているとのことでした。

人間でいうところの椎間板ヘルニアのようなものでしょうか?
だとしたら、しびれが原因というよりも、椎間板内の髄核が突出して、脊髄を圧迫し、それにともなう筋力低下が原因なのではないか、と思うのですが。

私はこの状態を「ケージ麻痺」のようなものではないかと受け止めたのですが。椎間板ヘルニアとは別の機序になります。
ケージ麻痺は原因不明とされていますが、狭いケージによる運動不足が影響しているのではと考えられています。この場合の狭いケージに相当するのが小さめの回し車ということになります。
発症過程は、主治医の先生の説明と同じと考えて良いと思います。
実際問題としても、セミナーなんかで見聞きする例は、小さい回し車で後半身が麻痺してくるという例が多いようです。

で、ここからが大事なのですが、ケージ麻痺とするなら対症療法としては広いケージでよく運動させるというのが出てきます。
これが主治医の先生の指事と相反することになってしまうのです。
こういう場面がしばしば出てきますので、獣医師としては医療相談になかなかのりにくいというか発言しにくい状況があるわけです。

背骨が「逆反り」状態になるのが問題であれば、回し車の直径を大きくしてあげて、背骨が真っ直ぐに近い状態で回せれば問題ないのではないでしょうか。
極度に不自然な姿勢でなければ、その程度の柔軟性はあると思いますが・・・・。

したがって、[USER0081]さんのこの意見には私も賛成です。獣医師としてこの発言をしてしまうと、主治権の侵害にあたるので、飼い主さん同士の助言があるといいなと考えていました。
# このメールがすでに問題ありそうで、主治権を侵害していそうです。

まあ、私は[USER_NAME]さんのハムスターを目にしていませんので、飼い主としては主治医の意見を優先しなくてはなりません。
少々無責任にもとれるかもしれませんし、納得のいかないことかもしれませんが、これもマナーとしては必要なことです。

あと、これ以降は僕が前から持っていた疑問なんですが・・・

べた足・・・・土踏まず?
あ!ちがう!肉球?のない足、ってことでしょうか。
でもヒヅメのある動物は・・・・?

歩行の型のことだと思いますよ。
熊のように踵まで着地して歩くタイプ、犬猫のように爪先だけを着地して歩くタイプ、馬のように爪(蹄)そのものしか着地しないタイプなど。
蹠行型といわれいても、走る際にはやはり踵は浮いてくると思いますよ。
ウサギなんかもタイプとしてはこのタイプなのですが、実際に走るときは脱兎のごとくで、踵にあるアキレス腱をそれこそ有効に使っていますよね。
「土踏まず」のあるなしということになると、本当に限られた範囲の動物の話しになってしまうように思います。