ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの末梢循環障害(手足が足りない)(2/4)

投稿日時:
投稿者:USER0471

[USER_NAME]@京都さん、こんにちわ。
[USER0471]です。

僕のところにも、もでちゃんと同様に末梢血管の循環障害で、四肢が壊死してしまった障害児の子(ゴールデンハムスターメス)がいます。
人間でいうと、肘・膝から先(前腕部、下腿部)がありません。

ハムスターってほんと我慢強いですね。
人間なら悲鳴を上げてるところなのに。

黒く変色して壊死している部分は神経も壊死しているので、痛みは感じないのでしょう。
一見、ものすごく痛そうですが、実際には痛みはないと思います。

人間の場合でも、末梢循環障害で壊死が発生する病気:凍傷や糖尿病、そして寝たきりのお年寄りに発生する、褥創(じょくそう・・・床ずれですね。)の場合も、壊死した部分に痛みを訴えることはほとんどないのですが・・・。
痛い場合はその境界部で炎症などが起こっている場合でしょう。

さて、症状のことはさておき、ペレットがうまく固定できなくて上手に食べられないんですよね。

うちの障害児の子も、最初は苦労していましたが、やがて隅っこに持っていって、ケージのコーナーに押し付けてかじる事を覚えました。
大きいクリップにペレットを2、3個挟んであげたこともあります。
それでも時々食べにくそうにしてることもあったので、それまで床に新聞紙を敷いていたのを、パインチップや牧草、敷きわら、シュレッダー屑などのミックスしたのに変えてあげると、そこに押し付けて食べるようになりました。

ニッパイのオリジナルのペレットをメインにあげているのですが、全部は食べにくいようで、半分くらいづつかじっています。
ですから、あげた分、全部食べているようならいいのですが、すこしづつだけ齧っているなら、食べ残しの分も考慮して多めにあげていいと思います。

野菜をあげるときも、小さく切らず、逆に置いて安定するように、大きめに切ってあげて、食べ残しを後で取り除くようにしています。
歯が伸びすぎるといけないんで、念のために木材の切れ端や、胡桃なんかも入れてあります。

その子も、一時期はどうなることか、と思いましたが、今でも元気ですよ。毎晩、チップを堀りまくっています。

ご参考になれば幸いです。
では。