ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターのケージをバリアフリー化(2/3)

投稿日時:
投稿者:USER0383

[USER0383]です。

自分のHPに記載していることなので自分で返信するべきと思いましたが、私が経験したことのない内容(症状)なので、教えていただけると助かるんですが。。。

経験があるとか、ないとかだと、私もない、のですが・・・

*最近のことだそうですが手で抱きかかえているときに愛ハムが落下してしまった。

かれの推測では、たぶん老化現象もしくは転落時に頭を打ったため?の後遺症ではないかとおっしゃってます。

老化による歩行困難であれば、何例か経験していますので、そちらの方で・・・

彼は上記のような容態になった「ハムスターの看護?方法」を助言して欲しいとのことなのですが。。。

ケージの底を滑りにくくすると、歩行中に転ぶことを減らせます。
こういう状態になると、おしっこをするときに体が濡れてしまうので、ペットシーツなどの水分を速やかに吸収するものを床材として使用すると良いです。ただし、囓って巣に持ち帰ってしまう子には使用不可です。
餌入れは深いものから浅いものに変える、トイレも同じ。
ケージ内の段差をなるべくなくす、バリアフリーにしてあげると良いです。給水ボトルも飲み口の位置を低くした方が飲みやすいです。

看護の方法というより、いかにして快適に過ごさせることが出来るかな?と言う感じでしょうか。