ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

学校飼育の問題(2/4)

投稿日時:
投稿者:USER0462

[USER_NAME]さん、こんばんわ。[USER_NAME]@茅ケ崎です。

ハムスターは教室飼育に向いていない気がする…
近所の学校では「情操教育の為に飼っている」らしいのですが、できればハムはやめてほしいなあ…メダカとかにして欲しいなあ…
と思ってしまうのは、少し心が狭いのでしょうか。

私は「休み時間や放課後になると、沢山の生徒が校長室に遊びに来るんですよ。
ハムスターを飼ってからは、閉鎖的という印象だった校長室が賑やかになりました。
情操教育にもぴったりです。」とかって、校長先生自らが胸を張ってコメントしている新聞記事を読んだことがあります。

それから、悲しいことですが、例えばインターネットで「学校」「飼育」などを入れて検索すると、現在の学校で行われている悲惨な動物飼育の例が沢山でてきます。

特に悲惨な例としてはウサギが多いです。
学校には、飼っている動物が病気になった時に払う治療費予算などないのです。
死んでしまったとしたら新たに買い直したほうが安いし、看病やケアするなどの人出などもないというのがホンネでしょう。

学校の動物に関しては、飼育に詳しい先生が一人でも居る学校は恵まれているという印象です。
ウサギが過密になると殺し合いに至ってしまうことすら知らずに、避妊対策を立てないまま狭いキンシャで自然繁殖にまかせている学校も多いです。
どんどん産まれるから死んでしまっても減らないウサギは、気軽で便利な動物だという印象さえ受けます。

夏休みや冬休みなどは、なかには希望する生徒に自宅に連れかえってもらい、世話を許可している学校もあります。
が、大抵は学校側の管理に全て委ねられています。

たまに学校のウサギが大量に殺されたとかっていうニュースがありますよね。
あれの犯人が仮にですがその学校の生徒や卒業生だったとしても、先生方が本当の意味で動物の命を宝だと思っていない学校での話しならば、起こるべくして起こったと言えないこともありません。

しかしそういった悲惨な現状に、動物保護を訴えている団体もあります。
少しずつですが、改善がなされている気配もあるようです。

ハムスターにしても、動物の中では安価な部類に入ります。
それにやっぱりハムの仕種や外見は子供受けしますよね。
私としては、「学校にね、ハムスターがいるんだよ。可愛いから飼いたいよお母さん」「そう、じゃあペットショップに行って買って来ようか?」といった具合に、ハムスターだけに限りませんが、飼育の知識もないのに”子供のため”と、安易に動物を飼う親がいないことを望みたいですね。

何よりも子供を持つような年代の大人の生き物に対する認識が、動物や自然から遠のいて、薄れているんじゃないかしら。

動物飼育については、飼鳥のMLでも随分と話題になりました。