ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

湿度とハムスター簿冬眠

投稿日時:
投稿者:USER0405

[USER0405]です。

我が家のルビーのことなんですが、最近よく水を飲んでいるようなんです。
夏に暑くて喉が乾いて…というのは分かるんですが、こんなことってよくあることなんでしょうか。

この件ですが、気温(室温)の関係というよりは湿度が関係しているのではないでしょうか?
うちのハム達がいる部屋の湿度は11月に入ってから50%前後にまで下がっていますが、最近になってやたら水ボトルをガチャガチャ鳴らしているハムもいますし。

# 湿度が常に50%を切るようになったら、加湿器を使う予定です。

ルビーが擬似冬眠しかけたのです。
慌てて西宮のハム飼いさん達にお電話してアドバイスを頂きました。
取り乱してしまった私ですが、皆さんのおかげでルビーも助かりました。

ルビーちゃん良かったですね。
ハムスターの擬似冬眠に関して、「かわいい小動物」2000年1月号に「ハムスターの冬眠のメカニズム」と題して霍野晋吉獣医師がお書きになられていました。
その中に「冬眠やデイリートーパー(*注)は、冬季の日照時間の短縮や気温低下のほかに、エサ不足、水の欠乏、それにともなうストレスなども起因するといわれています」と書かれています。

(*注) デイリートーパー
ジャンガリアンハムスターの(擬似)冬眠とゴールデンハムスターの冬眠は異なっていて、ジャンガリアンハムスターの場合は1日の中で代謝の低下→体温の低下→体温の上昇→代謝の低下、という行動を繰り返すそうです。この行動をデイリートーパーと呼ぶそうです。

寒さ対策は十二分に、と痛感した飼い主でした。

と言うことで上に書いたことに絡みますが、冬眠を防ぐためには、「規則正しく、夏場よりは、やや栄養価の高いエサを与える。毎日、新鮮な水を用意する。やたらと触ったりせずに、ストレスを与えない。などを実践し、さらに、ペット用ヒーターなどで保温を十分にすることで、冬眠、デイリートーパーは防げます」と書かれています。

これが全てのハムスターさんにあてはまるかどうかはわかりませんが、取りあえず水の摂取不足も冬眠の原因になる可能性があるらしいので、気をつけてあげる方がよいかと思います。