ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの脱毛と飼い主と獣医(6/11)

投稿日時:
投稿者:USER0097

[USER0097]です。
訂正した方が良さそうな箇所が2点あるのですが、気を悪くしないでね!

細菌性の皮膚炎なら、当然皮膚から細菌が発見されるはずですから、私だったら患部の皮膚の検査をしてもらいます。

細菌にしても、真菌にしても病原体そのものは健康な個体の皮膚にもいます。種類だけでなく、菌量まで調べないと疾病か否かは分かりません。臨床の場では、検査よりも2次感染防止の意味から、検査なしで治療をスタートすることは不思議ではありません。

細菌がいるかいないかと言われたら、いるのが当たり前なのですから、検査が省略されることはあり得ます。

注射用の抗生物質にもいろんな種類があり、種類によって効き方が違ってくるのですが、ハムちゃんの場合だと、多分ラクタム系だろうと思います。

ハムスターには、ラクタム環を有する抗生物質(ペニシリン系やセファレキシン系)は避けるべきです。
治療効果よりも障害の発現する可能性が大きいからです。