ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターのコクシジウム症・ジアルジア症と寄生虫(原虫)(6/9)

投稿日時:
投稿者:USER0255

[USER0255]です。

「コクシジウム」に反応です。
一昨年亡くなった、すきっぷは「コクシジウム」が原因でした。

コクシと聞くとついウサギと思ってしまうのですが、ハムにも出るのですね。

コクシジウムは、固い外殻によって保護されている原虫で、丁度ガチャ

ウサギの飼育書などを見ていると「石灰と一緒にフンを埋めて殺菌する」というのが良く出てきますよね。

ウサギの場合、サルファジメトキシンという薬が有効となっていますが、これはウサギコクシジウムだけに有効なのかなぁ?
#これはウサギにしかいないコクシらしいから。

それから、1番しなければならないのは、糞の撤去です。コクシジウムは、糞を媒介に感染するのでコクシジウムのいる自分の糞を食べて、2次感染、3次感染するからだそうです。糞をしたら食べる前にすぐ取り除く。そういう事からも、床材はないほうがよいのですけれど、この時期それでは寒さに耐えられないと思うので、キッチンペーパーなどを裂かないでそのまま敷き、ペットヒーターなどで保温するのがよいかと思います。

キッチンペーパーに石灰をこすりつけるってのはどうかなぁ?有効ならのりや煎餅に入っている石灰で十分ですよね。

最後に、投薬は、1ヶ月ほど続けなければ効果がでないそうです。

これは、サイクルを断ち切るまで続けなければいけないってことですよね。
コクシ以外の原虫でもそうですけど、本当に根気の要る治療ですよね。

また、感染していると体重の激減や食欲不振、脱水症状等の急激な変化

脱水症状が出そうなら、ポカリやアクエリアスなどのドリンクも利用してくださいね。