ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの骨折の治療(4/11)

投稿日時:
投稿者:USER0485

こんにちわ、[USER0485]です。

薬の成分を聞いたところ、
カルシウム系  :カルチコール
ビタミン・消炎系:ビタミン-ダイビタミックス、トリミックス
     消炎  -ラノビス

確かにこれは成分名ではなく、商品名ですね。
このMLには確か何名かの薬剤師さんがいたはず・・・と思いつつ。
さらに、私にふられた話と受け取ったら自意識が過剰すぎるかなと自問して、しばし、マックの前で佇む。

「カルチコール」はグルコン酸Ca製剤で、乳熱や産褥熱等の低Ca血症時のテタニー(痙攣症状)に使用されます。

「ダイビタミックス」は3種類くらいのビタミンBの複合製剤だったはずです。

「トリミックス」は小鳥を飼育している人はお馴染みかも。なんやかやの複合製剤ですが、まあ、ビタミン剤の範疇に入れておくのが無難かと。

「ラノビス」、これは私は使用したことがないのですが、トラネキサム酸製剤で止血剤・消炎剤として使用されます。

そして肝心のハムスターに服用させても大丈夫かと言うと、まあ、問題はないと考えます。
ただし、カルチコールは先程述べましたように主たる作用がちょっと異なっていますので、血液中における消退は早いです。骨折の治癒には期待されない方が良いのではないでしょうか。

Ca剤の添加は普通あまり考えなくても良いと思います。これは骨にはCaとPが両方必要であって片方だけでは有効利用されず、余分なCaを排泄するために必要なPまでが骨から削り取られていくからです。
現在の食餌の中でCaやPが欠乏していないのであれば、このまま食餌から摂取していけば良いと考えます。