ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの傷の化膿と抗生物質(6/7)

投稿日時:
投稿者:USER0146

こんにちわ、甲府盆地は先程から雨です。
[USER0146]です。
長いですから、興味のない方はとばしてくださいね。

「自分は今まで20年くらいこの薬を使ってきてトラブルはないです。
去年あたり講演でそんな話も聞きましたが、その話は気にしなくていいです」との返事でした。

去年あたりということはないな、90年発行の日本小動物獣医師会発行の薬用量マニュアルの欄外記載事項に エリスロマイシンやクリンダマイシンによる「壊死性腸炎」「偽膜性腸炎」の注意書きがあるのですが、
アンピシリンやアモキシシリンはそれらに次ぐ薬剤になっていたと思いますよ。
海外の文献に目を転じれば、それ以前からでしょうし。
少なくともハムの飼育者である(獣医師ではない)[USER0146]もその危険性を認識しているのですから。

実は、お薬を処方して貰ったのが一昨日の昼でした。
昨日の夕方になって下痢をし出しました。
薬の影響なのか、もしくは急に病院に連れられていった事へのストレス
なのかと判断が付きかねていました。

私としては やはり薬が気になります。
長期の服用でないことが救いといえば救いですが。

今日病院に行って下痢のことを話したら、薬が効きすぎているんですね、
と言われました。
つまり、良い菌も悪い菌も殺してしまって下痢になっていると。

こちらのコメントはなんと言って良いのやら・・・。

私が心配していることもあり、結局薬の変更をすることになりました。
今回のお薬は『クロロマイセチン』という、白いお薬です。
「アモキシリンより効かないですけどね」

クロマイでしたら、静菌性の抗生物質の範疇ですね。

先生としては「良くないなんて事は決してない」との信念があるようです。

信念は信念でいいんだけど、結果からも学習してもらわないと。

今まで信頼してお願いしていた先生なので、今回の件だけで急に信じられなくなる…という事にはなりませんが、私の中にわだかまりが残った

今までハムの手術もして貰って、結果も良好でしたので今回のことで転院しようという気持ちは全くありません。


獣医師の1人としては、[USER_NAME]さんのおっしゃられたことは、ひじょうにありがたいことと考えます。私自身もレスを書いていて、[USER_NAME]さんの不安をあおったり、疑心暗鬼を深めるだけのような気がしてとても心苦しく感じています。
疾病のメールに対して、一般論を述べることができても 個別の具体例には立ち入り難いものです。今の時点でこのようにおっしゃっていただけるのは本当にありがたいことですし、りっぱだと思います。

さて、当の誠一郎の状態ですが、一時期かなり腫れていた患部は、小康状態になっています。
少し縮んだようにも見えますが、真ん中が黒っぽくなってきています。
とりあえずは新しく頂いたお薬を与えて様子を見たいと思います。
下痢は発見から丸一日経っていますが、大好きんが効いたのか形のある便になってきています。
これが一番怖かったので少し安心しました。

このまま回復に向かってくれると良いですね。

#うちからブラックの里子を出すことは出来ませんでしたが、結局すぐ飼っちゃったんですよね。(^_^
#その子は元気なんでしょうか?
#ちなみに、うちのひなはバリバリ元気です。

ショップの自家繁殖が疑われた「くろち〜」は、残念ながら腎不全で4ケ月くらいでなくなりました。
今いるのは2代目の「ぐーごー」です。でも、すでに黒くないんです。
背中がすっかり白くなってしまい。ホワイトキャンベルになっています。顔や手足がまだ黒いので欲目で見れば、パンダに似ていないこともないのですが。