ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの毛色の遺伝とメンデルの法則(9/13)

投稿日時:
投稿者:USER0182

こんにちは、[USER0182]です。
三毛ハムの話題が出てきたので。

いつか余裕ができたら自分のうちでは繁殖をしてみたいです。
今はひとり暮らしなので増やせないんですが、、。
いつか三毛ハムがほしいなぁ。
三毛猫みたいな三毛ハムっていないのかとおもってたのになんかの本の表紙に三毛ハムらしき赤ちゃんが載ってたんですよね。

猫で三毛のオスはいない(生まれにくい)と聞いたことがありますが、ハムスターの場合はどうなんでしょうか?
どなたか知りません?


ゴールデンの三毛について。

Complete Hamster SiteにはTortoiseshell(ほかの色に黄色がまじった毛色。
これがぶちになると、いわゆる三毛猫みたいな色になります)という毛色について次のように書いてあります。(訳の怪しいところは許してください)

Tortoiseshellは「Yellow」遺伝子とほかの毛色の組み合わせによって起こる模様のあるハムスター(Patterned hamster)である。TortoiseshellハムスターはYellow遺伝子が性染色体に乗っているためメスである。しかしごくまれにオスでもみられる(この場合のオスの性染色体はXYでなくXXY)。Golden(原種カラーのこと)のTortoiseshellは焦げ茶の毛色の中に黄色の部分があり、この2色はまだらになっている。Tortoiseshellはその他の毛色でも起こりうる。その場合、地色となる毛色によって「Yellow」の部分の色は変化しうる。Tortoiseshellが白のぶちができる遺伝子(Banded(普通のぶち), Dominant Spot(霜降りぶち)など)と組み合わさると、3色の動物(三毛ハム)が生まれる。

つまり、「Yellow」という遺伝子を1個だけ持ったメスハムは黄色のまだらが入ったハムになり、これにぶちが加わると白が入るので三毛になる、というわけです。
また、オスが三毛になるには、XXY(Xの片方はYellow)でないといけないので、非常に生まれにくいわけです。三毛猫の雄と同じですね。

では、三毛ハムを作るにはどうしたらよいかというと・・・、
パターン1。
 Yellowのオスハム(黒目の黄色ハム)とほかの色のメスハムを交配する。
 両親、または片方がぶちであればよい。
 うまくいけば、すべてのメスの子ハムが三毛になる。
 問題点。オスハムがどんな地色の遺伝子を持っているかがわからないといけない。
     オスハムがYellowなのかどうかを見分けるのが難しい。
パターン2。
 Tortoiseshellのメスハム(もしぶちだったらこの時点ですでに三毛)とメスの地
色と同じ毛色のオスハム(ぶちが望ましい)を交配する。
 メスの子ハムの半分は三毛になる。
 問題点。メスハムを入手するのが難しい。(あまり売ってないので)
パターン3。
 パターン2で生まれた、Yellowのオスハムと、三毛にならなかったメスハム(両親
の地色と同じ色になってるものを選ぶ)とをきょうだいで交配する。
 すべてのぶちのメスの子ハムが三毛になるはず。

確実なのはパターン2と3の二段構えでいくことかな。