ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

善い(良い)病院と悪い病院とは(1/2)

投稿日時:
投稿者:ETC_USER

[USER_NAME]です。

ひえ〜っ、脅しとしては充分ですよう。(:_;)

まぁ、今回のケースは運動量もかなり多いようなので、心配ないかもしれませんし(^^;
参考情報としておいてください。

実際、犬なんかだと「元気いっぱいでよく食べるので飼主は全く気がついていなかったけど、実はおなかにムシがいた」ケースがわりとあるようですが、滅多に外に出ないし、不特定多数の仲間と接することも無い我家の箱入りジャンガリアンが感染するなんて考えられない……と、思いたい。

えっと、ちなみに。
「おなかの虫」はなにもどこかから感染するものというわけではないです。もちろん、中にはそういうタイプもありますが、この際はちょっとおいておいて。

実際はどのハムさんもおなかの中にいろんな虫を飼ってます。
でも普段はその人たちとうまく暮らしているので、何も問題にはならないんです。ところが、何かの弾みでその虫さんたちと本ハムさんの体調のバランスが崩れると、とたんに下痢をしたりといった「目に見える症状」として現れるわけです。
#人間だっていろんな虫さんがおなかにいますよね :-)
#あ、ちなみに「虫」には「細菌」なんかも含めてます。

なので、顕著な病気として現れないけど、ちょっと虫さんが活発すぎるかな〜と言うときにいわゆる「やせの大食い」状態になることがあります。

> [HOSPITAL_NAME]は八尾からだとちょっと遠いですよね。

今の[HOSPITAL_NAME]も遠いんですけど、近所にないのでやむを得ない場合のみお世話になってます。

えっ、そうなんですか? 同居人が犬を診てもらったことがありますが、料金が高くやたら薬を処方し、ドッグフードまで売りつけようとする勢いだった(同居人談)そ

ハムスターに関してはそれほど法外な料金ではありませんでしたよ。
たしか以前に手術してもらった時の料金をこのMLで報告してますので、Hospital とかをキーワードにして探してみてください。

あと、薬の処方の仕方とかについては、同じ病気の治療だとしても病院の基本方針なんかによっても左右されますし、場合によっては同じ病院でも医師によって差があったりしますよね。
また何よりも病院に対する印象というのはひとそれぞれで、ある人が絶対的な信頼を置いて、最高だと思っているところでも、人が変われば180度違った意見もでてきます。

その「やたら薬を処方し、ドッグフードまで売りつけよう」とした時の病名等がわからないのでなんともいえませんが、病気の内容によっては投薬と合わせて食事療法が必要な場合も考えられます。そのような時に市販の餌では具合が悪いので、できればその病院で推奨している餌を勧めるということはよくあります。
飼い主さんの中には強固に「うちの餌は私が愛情込めて作ってるから絶対安心!」とかいって譲らないひとも多いと聞きます。そのような人が病気治療のためとはいえ、病院で餌を勧められると「売りつけようとしている」なんてことにもなるかもしれません。
#同居人さんのことではないですよ。為念。

実際のところ、この「南大阪〜」も担当医師の技量にはばらつきがあり、うちとしては当たって欲しくない先生もいます。
こればかりはどうしようもありません。