ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの毛色の遺伝とメンデルの法則(8/13)

投稿日時:
投稿者:ETC_USER

[USER_NAME]@千葉県です。
あいかわらず、面食らってしまう内容かもしれません・・・。
毛色に興味のある方の参考程度にということで。

ところで交叉の例で、cとpの例がありましたが交叉ってどんな遺伝子間にも起こり得るんでしょうか?
たとえばある特定の毛色の遺伝子間で起こるとか・・・

組み換え(交さ)は、同一染色体上にある場合に起こり得ます。
例えば、AaBbとaabbを交配させたとき(もどし交配)、AとB(aとb)が同一の染色体上にあるならば、組み換えがなければ、AaBb : aabbが1:1で現れます。
組み換えが起こると、AabbやaaBbが現れてきます。
これらの組み換えの起こる頻度は、2遺伝座間の距離に依存します。

参考までに、A(a)とB(b)が別々の染色体上にあるならば、AaBb : Aabb : aaBb : aabbが1:1:1:1で現れます。

よかったら、もと資料を教えてください!

実験動物ハンドブック(長澤弘ほか編) p65-66、養賢堂(1983)の方に記載があるようです。

組み換えの方は、
J. Hered. 71(4) 287-288 (1980)
J. Hered. 70(4) 279-280 (1979)
J. Hered. 69(3) 199 (1978)
J. Hered. 68(6) 418 (1977)などで、報告されています。

Medline(Pub Medなど)のようなインターネット経由の文献検索ツールを用いると、たくさん報告が見つかります。