ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの毛色の遺伝とメンデルの法則(6/13)

投稿日時:
投稿者:ETC_USER

[USER_NAME]@千葉県です。
大変遅いレスで申し訳ないのですが・・・、
毛色に関して興味をお持ちの方の御参考になれば。

「国際的には、近交系、非近交系、ミュータント系などおよそ100系統が記載されている。日本で使用されている近交系の、毛色に関する標識遺伝子は以下の通り」
・茶褐色 CCEEBB
・白色 cc
・茶色 CCEEbb
・クリーム色 CCeebb
・クリーム色(耳は黒) CCeeBB
だそうです。

すごく役に立ちます!ちなみにこの場合、白はcceebbですよね?(念のため)

ここからは、ゴールデンハムスターの毛色の話です。

A遺伝子座
毛の黄色と黒色メラニンの量を決めています。

B遺伝子座
黒色メラニンの量を決めてます。
例えばAB(AABB or AaBB or AABb or AaBb)の場合、いわゆる原種の色です。
Ab(AAbb or Aabb)の場合、シナモンオレンジ色になります。
aB(aaBB or aaBb)の場合、黒色になります。
ab(aabb)の場合、チョコレート色になります。

C遺伝子座
色素細胞のチロシナーゼ(メラニンを作る酵素)活性を規制しています。
つまりccの場合、他の毛色遺伝子がなんであろうとアルビノになります。
(つまり、cEBでもceb白色になるわけです。)

E遺伝子座
黄色メラニンに対して黒色メラニンの量を決めています。

Mo遺伝子座
銅代謝異常によるチロシナーゼ活性の低下をおこします。

他にも、Lg遺伝子座(灰色)やSa遺伝子座(サテン)などなど、
いろいろ知られています。
complete hamster siteの方にも20種類ほど記載されていました。
そこに記載されていないものとしては、
f(白いまだら)やpi(大型の不規則な白斑が脇腹、腹部に生ずる)などがあります。

で、これだけでも充分ややこしいのに、組み換え(交さ)がおこります。
(組み換えの説明は、高校の生物の教科書にでていると思います。)
例えば、cとpでは(pは毛色が薄くなり、目がピンク色)、
組み換え率が30%以上あるようです。

当然、複対立遺伝子も存在すると思われます。
例えば同じ遺伝子座cでも、何種類かのcがあり、
(つまり、小文字のcで表記されても、少しずつ違ったc)
その中で、また優劣関係が存在します。

長いだけで、あまり参考にならなかったかもしれません。
既報でしたら、申しわけありません。