ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

歩行困難なハムスターの腫瘍の手術(1/4)

投稿日時:
投稿者:USER0371

[USER0371]@国分寺です。

さり(ジャンガリアンハムスター♀7ヶ月)にしこりが見つかりました。
よーく見て触ってみると、右足の太股に1cmほどのしこりが

脚の付け根とかは割と出来易いようですね。

うちのキャンベルハムスター・アルビノの“うさっち”の右後肢付け根に出来た腫瘤は、摘出後の病理検査で汗腺癌とわかりました。

# [Ham:30447] [Disease] syuyou no byouri-kensa kekkaにて報告。

検査報告書のコメントには「ハムスターの皮膚腫瘍の中では、汗腺の腫瘍が少なくないようです。」と書かれており、汗腺は四肢の付け根に集中しているようなので、四肢の付け根の腫瘍は多いのかもしれませんね。

もっとも、さりちゃんの場合は右後肢の太股ということなので、直接はあてはまりませんが。

皮膚の下にコロンとある感じで、こりこりしています。
触ると動きます。<何かに癒着している感じではない
ただ、悪性にしろ良性にしろ、まだ他の組織と癒着していなければ、そして出来た場所がややこしい場所でなければ切除する事は可能だと思います。

うさっちの場合も獣医師による触診で「癒着してないようです」と言う事で手術に踏み切りました。
ただし手術するかどうかは、腫瘤の大きさが変化する早さにもよると思いますので、よく獣医師とご相談なさってください。

# うさっちの場合は腫瘤の出来はじめは大きくなるのが早かったんですが、それ以降大きさが変わらなかったので、3か月ほど薬の服用で治療してました。