ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

アカラス症・ニキビダニ症の併発と免疫力(3/11)

投稿日時:
投稿者:USER0455

こんばんは、[USER_NAME]です。
#あああ、未読がたまっているぅっ

診察の結果、体力や免疫力が低下していて、ニキビダニが悪さをしているらしいのです。
それと、もともと体が弱いらしく、短命かも知れないとも言われてしまいました(;_;)

そこで、もっと体力や免疫力をつけさせる良い方法がないものかと思っているのですが、皆さんは何かご存知ないですか?

うちのはむ太は、ホルモン異常&免疫力がかなり低下している状態です。

もともとは昨年の初夏にハゲ治療でホルモン異常によるハゲだと診断され、これは遺伝的な体質ではないかとのお話でした。
つまり、繁殖に用いられた個体のある系統にホルモン異常のある個体があり、その系統のハムちゃんに顕著に出現があるようだということらしいです。
同時に、ホルモンに異常があるということは、将来、なにがおこってもおかしくないとも言われました。

その後感電事故などで「食」の改善が一時なされ、(ほとんどCE-7の餌になっていました)ハゲもほぼ完治したものの、冬越しに体力を使い果たしたらしく、春先からアカラスが顕著になり、現在ではほぼ丸ハゲで全身の半分ぐらいがかさぶたに覆われているます。
#なぜか腰みののように、お尻のところはまったく変わらないんですよ〜。
また、体力の低下により、かゆくて自分で噛んだ傷が細菌感染を起こして化膿し合い、毎日消毒と薬の塗布を繰り返しています。

うちは奥歯がまったくないという特殊な事情のためもあるのですが、冬場にもっとナッツを与えていればよかったと、それをちょっと悔やんでおります。
#少量で栄養価が豊富という意味でです。
また、蛋白質の補給が少なかったこともあるかもしれません。
CE-7をそのまま食べられればよかったのですが、まぜもの、水分が加えられているため、蛋白質がかなり不足ぎみだったのではないかとも思っています。

とはいうものの、はむ太は2年と3ヶ月目を過ぎました。おじじでよろよろしてますが、まだまだ食い付きは立派なものです。
必ずしも短命とは思いませんので、気温の変動と餌に気をつけてあげれば、元気にがんばってくれると思います。

アカラス(ニキビダニ)のことですが、うちの場合は、かなりフケが出ている状態で病院に連れていって、駆除の注射を週一回、6週ぐらいしたあたりから毛が生え始めました。
ハゲが全身の六割以上だったのですが、その後順調に回復し、2割程度まで戻りましたが、気温の急変に対処してあげられずに体調を崩してしまい、少し注射を休んでしまったところ、その後はまったく注射が効かなくなってしまいました。
先週からはもう止めています。
普通、駆除の注射をした場合、4週で終了するとのことです。
というのは、この薬はダニの卵と子供には効かないそうで、毎週毎週順々に殺していくようなのです。