ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの卵巣の腫れ(1/6)

投稿日時:
投稿者:USER0395

[USER0395]です。
subjectは「卵巣の腫れ」です。

5/16に「セミ・イエロー・キャンベル」の“キャンディー”(♀、約1歳半)の右前肢に出来た腫瘍のようなものの診察に連れて行きました。

# 本来は純白のアルビノなのですが、おしっこしたティッシュペーパーにくるまって寝るのを厭わないので、お腹側&下半身が黄色いのです(^^;) > セミ・イエロー

前肢の腫瘍のようなものは最初の診察日5/5からあまり大きな変化は無かったのですが、担当の獣医師があちこち触診しているうちに、お腹側の皮膚の色がおかしいことに気づかれました。さらに、腹部の内側に何かぷよぷよしたものがあることも発見されました。

# 「ここです」と言われて私も触ったのですが、よくわかりませんでした。シコリのような固いものではなかったのです。

すぐにX線撮影したところ、腹部の左右にそれぞれ直径2cm近い丸い物が写ってました(^^;)。さらに調べるために超音波エコーで腹部を見たところ、やはり3個の丸い物が確認されました。

で、診断は「腫瘍では無くて、何か液体が溜まっているのでは」ということでした。また腹部の左右にあることから、子宮もしくは腎臓だと思われるということでした。

これの対処として、「手術で摘出か、薬で散らすかの2つの手段があるけど、どちらも相当リスクがあります」とのこと(^^;)。私はまだキャンディーが元気があることから手術をお願いしました。
ただし手術するにしても、「子宮だったら摘出できるけれど、もし腎臓だったら2個共摘出するわけにはいかないのでどうしようもありません」ということは念をおされました。

で今日5/18に手術が行われまして、午後6時に結果を聞いたところ、「手術自体は無事終わりましたが、麻酔の覚めがあまりよくない」「結局腫れていたのは卵巣だったので、卵巣と子宮を全部摘出しました」ということでした。
まだ予断は許されませんが、取りあえず緊急連絡先として指定しておいたPHSに電話がかかってこなかったので、まだ無事なようです。

もし明日具合が良ければ退院の予定です。

今回の経験で、普段からの健康チェックで皮膚の色のチェックもしておくべきだと痛感しました。
キャンディーのお腹の皮膚の色はきれいなピンク色で無く、一部青黒くなっていたのです。これは現在腫瘍治療中の“うさっち”も同様で、やはりお腹の皮膚の一部が青黒いです。

# 今日の夕方の電話の最後に「手術費用は大体いくらぐらいでしょうか?」と質問したら、「手術は院長が行ったのでまだよくわからないのです。でも明日すぐに支払っていただかなくても構いませんし、分割払いという方法もありますから心配しなくても大丈夫ですよ」と言われました。でもそんなこと言われたんでますます心配になってしまいました(^^;)。