ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの人工保育とミルクの成分(12/16)

投稿日時:
投稿者:USER0254

[USER0254]です。

ペットミルクの場合はちょっと目的が違いますね。
ちらはどちらかというと栄養補給が主たる目的なので、他の食品をしっかり食べてくれて、体力的にも問題がなければあえて与える必要はないと思いますよ。

了解です。またどこかで見かけたら、成分表などを見てみます。


以前、[USER_NAME]さんが「ワンラック・ペットミルク」の成分表を書いて下さってますので引用します。

粗たんぱく質35.0%以上、粗脂肪34.0%以上、粗繊維0.3%以下、粗灰分7.5%以下、水分7.0%以下、代謝エネルギー(ME)552kcal/100g・・・
(以下ビタミン、ミネラル等の含有量の説明が続く)・・・(^^;)


この他、この商品の特長となっているミルクオリゴ糖とβカロチンの量は、
ミルクオリゴ糖 20mg/100g、βカロチン 20μg/100gです。

この「ワンラック・ペットミルク」ですが、うちの“うさっち”が食欲不振で体重が減少し続けていた時期にあげようと思い、現物を見せて担当の獣医師に相談したことがあります。

獣医師「脂肪が多いのでこればっかりあげていたら脂肪肝になってしまうけど、今は(“うさっち”にとって)非常事態だからあげてみてください」
ということでした。なにしろこの時期は朝・晩、体重を量る度に体重が減っていっていたので(^^;)。

ですので、ハムスターの体調or体重に問題が無ければあげる必要はないし、逆に不必要なものかもしれません。あげるにしてもオヤツ程度に少量あげるくらいの物でしょうか。