ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターと使い捨てカイロの限度と危険性(3/4)

投稿日時:
投稿者:USER0369

[USER0369]@名古屋では初雪が観測されたけど、保温対策してないヤツ。

> というのも「高温継続時間18時間」なんてパッケージに書いてあるのにすぐに冷たくなってしまうからです。
というのも、寒い時にケージをくるんだ毛布中にカイロをしのばせていたのですが、朝起きてみると全然暖かくありません。

ですが。
日常的な使い方である「体に密着して」という使用法に即した方が効率良いようです。

他の人も書いてますが、急激に酸化して熱放出してしまうという可能性と
それいがいでは動かないものに固定して使うと効率がわるい場合もあります。
人間の体に密着して使う場合、服の間などに入れて急激に酸素を消耗できないのでじわじわとあったまることもありますし人間が動くときの振動で、中の発熱体が少しずつ移動して外部の酸素によく触れたものと内部の酸素が不足ぎみの発熱体が適当に移動して、均等に発熱できるような環境にもなります。
発熱が弱くなったときなど、適当に振ってやるとまたあったかくなります。
ところが、動かないものに固定した場合はカイロの外部表面に近い発熱体は一気に酸素を消費して熱をいっきにだしきってしまうのに対し、内部の発熱体は酸素不足のまま、充分な熱を放出しないままくすぶった状態で消耗してしまうのではないでしょうか。

どちらにしろ、人間がやけどしない程度の温度で部分的に接触面だけをあたためる用途のものですからケージ内の空気を保温するという用途には無理があると思います。

ちなみにあまり密閉した状態で使い捨てカイロを使用するのは非常に危険です。
使い捨てカイロは発熱の為に、大量の酸素を消費します。
酸欠でハムスターが亡くなった事件も過去には起きています。
#ねっ [USER_NAME]さん。

もし、使い捨てカイロで保温を確実にやるとすれば使い捨てカイロを数個一度に用意して、回し車の回転を振動としてカイロに伝えるように工作して、ケージの下にでも設置してカイロとケージ内部の温度が逃げないように密閉して・・・
翌朝には、あたたかいケージの中で酸欠になったハムのまだ温かい亡きがらがみつかるかもしれません。