ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの換毛時期とダイエット(3/4)

投稿日時:
投稿者:USER0017

[USER0017]です

つい最近「かわいいハムスター 飼い方・育て方のこつ(監修:森 文俊 文: 新居 俊樹 実業之日本社 ISBN4-408-39456-4 ¥1300)」なる飼育書を入手しました。

その答では、ジャンガリアンの研究の報告の中に、痩せて体表面積を減らす事で、体から逃げる熱を抑えるというものがあったと紹介されています。

重要なことなので、つっこみをさせて貰います。

痩せたのでは、体積当たりの体表面積は逆にふえるし、体から失われる熱量も増加してしまいます。消耗が早くなるだけです。

この本は読んでいませんが、秋に痩せてしまうハムをそのままで良いとは思えません。
何らかの原因があるはずですし、痩せて体表面積を抑えるという記述には重要な事実の認識違いがあると思います。

原文を読んでいませんので、ここらで止めておきますが、痩せたのでは冬越しが厳しくなるはずですよ。これは一般論ではないでしょうか。

もうひとつつけくわえると実際に太らなくても、そのままでもハムが冬毛になれば見掛け上は、太ったように見えます。
見掛け上でも痩せているように見えるのならちょっと問題だと思います。
なんらかの原因で激ヤセしている可能性があります。
様子がおかしいようなら、病院へ連れていったほうがいいかもしれません。
うちでは、冬になるとハムは冬毛と脂肪で、コロコロに見えます。
うちでは、痩せていたハムは、栄養をうまく吸収できなくて毛並みも悪く、長生きできませんでした。

飼育本の情報は、あるていどのガイドラインとして全てを信ずることなく注意して読んでくださいね。
けっこう、いいかげんな記述や、間違った記述がありますから。