ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

獣医同士の判断の違い(2/2)

投稿日時:
投稿者:USER0325

[USER0325]です。
#主題が変わったので Subject 変更しておきます。

あと、あくまでも又聞きの話が主体になっているので、本当にそのお友達や獣医さんたちが言いたいことは理解できてないと思ってください。
この手の話ってのはやっぱり当事者に直接聞くしかちゃんとした判断は出来ないと思うのです。

それをふまえて、あくまでも個人的意見を書かせてもらいます。

そうですね。これは職業としての獣医さんに対してもとても失礼な事だし正しい診断が下せないでしょうね。彼女([USER_NAME]さん)の場合は以前からの知り合いの獣医で且つ先生が熱血漢でいいかたなので、例外的な例でしょうね。

というか、過去にその同じハムスターを見てもらっていたのならいいんですが、いくら顔見知りでも、やはり実際の症状を見てみないと....と私は思います。

以下、客観的に見てみますね。

[USER_NAME]さんは関西に住んでいます。
ある病院にかかって、「手の施しようが有りません」

これは、このお医者さん自身が知識・経験がないのでこのように言ったのだとおもいます。いわゆる「不治の病」でどうしようもないというのとはちょっとニュアンスが違う気がします。

「ハムスターは単価が安いためオーナーが獣医に見せる医療費をケチるため症例が見あたらない」「このハムスターをいくらで買いましたか?」

後ろのせりふはちょっと余計かもしれませんが、前半は事実ですね。実際それで苦労されている獣医さんも多いと聞きます。結果、特定のところにしかデータが集まらず、十分に情報が広まっていないのも事実ですね。実際に動物雑誌などの獣医さんの談話でも同じような話は何度か目にしていますよ。そのお友達の責任ではないとはいえ、思わず愚痴ってしまうことがあっても不思議ではないでしょう。

そして、「データを取りたいからあなたのハムスターを死ぬまで毎月、検査に連れてきて下さい」等といわれたらしいのです。

まぁ、これはちょっと言い過ぎかな?
いずれにしてもその場での言い方がわからないので、細かいニュアンスがわからないので、お医者さんの真意はつかめませんが。

その病院に疑問を持って、以前からの知り合いで信頼している獣医に相談した所、親身になって下さって「転院して検査をやり直すのは費用も時間も無駄なのでその病院からカルテと病理検査データを貰い、私宛に送って下さい。
私はその症例を何とか出来るかも知れないから」とのことでした。
そしてこの病院は遠くて、弱ったハムを連れての通院は負担がかかりすぎるとの事で何とか前述の獣医の協力を得て、治療したいと願っているようです。

でも、前述の獣医は当然面白くなく、協力的でないそうです。
それで板挟みになって悩んでいるようなのです。

一番気になるのはこの部分です。
ここのところで元のお医者さんにどのように話をされたのかによって、対応も大きく変わってくるのではないでしょうか?

「あなたが信頼できないから別の病院に相談したら、そっちでは治るかも知れないといわれた。だからデータをください」

なんて言われたら、そりゃ気分悪いでしょうね。
もちろん、そのお友達がそんな言い方をしたとは思いませんが、どっちにしてももし事前の断りなく、別の病院に相談したのだとしたらやっぱり気分よくないですよね。

これは何も獣医にばかり当てはまることではなくて、人間のお医者さんでも同じようなことは多いそうです。結局は本人(飼い主)とお医者さんがいかにうまく付き合うか....ではないでしょうか。

長くなりましたが、結局その彼女にアドバイスするとしたら、お医者さん同士直接話をしてもらうことぐらいでしょうか?下手に仲介すると余計に話が混乱すると思いますから。