ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの膿腫の闘病日記(3/3)

投稿日時:
投稿者:USER0209

こんばんは、[USER_NAME]です。フー、疲れた・・・
今日は大変な1日でした。

朝、今日夕方4時から会議をする、と突然言われ・・・
#げっ、病院行けないジャン!!! そこで・・・

9:40 営業行ってきま〜す、と言って会社をでる。
10:20 自宅に直行、カメちゃんをキャリーに入れ、常盤台へ
10:40 [HOSPITAL_NAME]動物病院到着
10:55 診察、抗生物質投与でこれだけ腫れが引かないので、

まだ食欲のあり、体力のある今のうちに切った方が良いのではないか?
と言われる。
11:15
2人の先生と協議。麻酔をかける事のリスク、このままにしておくことの

プラス面マイナス面、の説明を受ける。次に院長先生から今回の麻酔は徐々にかけるので安心してください、と言われる。
11:40 麻酔承諾書を記入して、カメちゃんを預け帰社。
15:10 病院に電話。膿の袋がすごくて、骨の方まできていたとのこと。

完全には取りきれていないが(骨まで削るようになってしまうから)、ほとんどは取ったとの事。今は、まだ麻酔で眠っている、当分の間は毎日傷口の消毒に通って欲しい、との報告を受ける。
18:20
カメちゃんとご対面。意外と元気(*^。^*)でも、傷口が開けてあり、ガーゼが入れてあるので絶句。
18:50 会計をすませて、少し座っていたら、もう出せ出せコールをしていた。

先生は見た目、今はグロテスクですが、本人は見た目ほど痛くないんです、とおっしゃってました。それにカメちゃんは傷をあまり気にせず、もう元気にしているので、大丈夫でしょう、ともおっしゃってました。
先日、同じような状態の子が、この病院で手術して手後れで☆になってしまったそうです。今、カメちゃんはお家で寝ています。
明日からの消毒の通院は出勤途中で預けて夕方取りに来ても良いですヨ、とおっしゃっていただけました。
#でも、常盤台は通り道ではありません(^_^;)