ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ヒーターの設置と適温


名前
管理者
表題:

ハムスターの野望(アジア版)


投稿日時:

ジャンガリアンの住んでいる場所の、地下の温度が17度くらいとわかりました。
他のハムスターに関しては分かりません。

エンカルタの地図を載せたかったんですけど、載せるとまずそうなので、簡単な地図を作ってみました。ゴールデンハムスターだけ、全然違うところに住んでいるので載ってませんけど、ゴールデンの住んでいるところは、他のハムスターの住んでいるところよりも、暖かそうです。けど、疑似冬眠しちゃいます。

緯度だけでいうと、キャンベルで日本の北海道の北端くらいです。
一番寒いところは、ロボロフスキーが住んでいるところなのは分かっています。気温の地図を重ねると、ココだけ特に寒いです。
また、チャイニーズが一番寒さに弱いということも分かっています。
キャンベル住んでいるところは、ジュンガル盆地といって、ここも寒いようですが、ロボロフスキーのところよりは寒くないようですね。

ちょっと、ややこしい話ですが、今見ている資料を見ていると、日本で広まっているジャンガリアンとキャンベルの生息地は反対になっている可能性が大です。
日本で言う、ジャンガリアンはシベリアンハムスターと言い、キャンベルをジャンガリアンハムスターというのが、本当らしいです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
えるん
表題:

ちょっとずれちゃうんですけど・・・


投稿日時:

こんにちは。えるんです。

ちょっと話がずれてしまうかもしれないんですが、前のJハムちゃんが
一昨年の冬冬眠しかけました。
それで去年の冬は巣箱の天井が暖かくなるタイプのヒーターを購入、
快適に使ってくれていたのですが、今度きたハムちゃんはどうも使ってくれません。
(ちなみに前ハムちゃんの物を石けんと熱湯で洗って使用)

まだ生まれて1ヶ月だし、日中家には誰もいないので心配です。
保温はぷちぷちを巻いてタオルとタオルケットを上からかけ、たっぷりの床材と
ティッシュを入れていますが・・・・

ティッシュもどうもうまくちぎれないみたいだし(いれたそのままを巣につっこんで
いるようです)大丈夫なんでしょうか・・・

名前
雪だるま
表題:

神経系の異常がなければ大丈夫では・・・?


投稿日時:
「えるん」さんの引用:
前のJハムちゃんが一昨年の冬冬眠しかけました。

冬眠事例の参考にさせていただきたいので、状況を教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします


「えるん」さんの引用:
今度きたハムちゃんはどうも使ってくれません。(中略)まだ生まれて1ヶ月だし、日中家には誰もいないので心配です。

うちのジャンガリアンのうち1匹も絶対にヒーターに近いところでは寝ないです。離乳直後からずっとそうでした。ちなみにヒーターはケージの外に縦置きにして壁に貼り付けてあります。子ハムなのでケージ内の温度は高めの方がよいと思われますが、とりあえずヒーターがあって、ケージの中に暖かい場所と寒い場所があるならばハムちゃんが自分でちょうどよい温度の場所を見つけて眠るので巣材と床材をたっぷり入れてあげれば問題ないのではないでしょうか。もし不安なら、日中もエアコンをつけるか、または管理人様がお勧めする空中サーモを買って局所ではなくケージ全体の空気を温めるとよいのではないでしょうか。(説明書を読むと有効範囲15cmとか30cmとは書いてありますが・・・)


「えるん」さんの引用:
保温はぷちぷちを巻いてタオルとタオルケットを上からかけ、たっぷりの床材と
ティッシュを入れていますが・・・・

↑これは夜の保温方法ですか?昼間は12時間以上は太陽光または十分な光量で明るくしないとだめみたいです。ホルモン異常や擬似冬眠を誘発すると言われています。私も日中に不在の時は保温用にぷちぷちを使っていますが、天井部分は透明アクリル板にして太陽光・室内灯を併用して暗くならないように注意しています。
ティッシュや綿は呼吸器系の病気を引き起こしたり爪にひっかかるらしいのでなるべくなら使用しないほうが良いみたいですよ。


名前
管理者
表題:

私は夜行性


投稿日時:
「雪だるま」さんの引用:
「えるん」さんの引用:
前のJハムちゃんが一昨年の冬冬眠しかけました。
冬眠事例の参考にさせていただきたいので、状況を教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします

私も聞きたいです。


「雪だるま」さんの引用:
ティッシュもどうもうまくちぎれないみたいだし(いれたそのままを巣につっこんで
いるようです)大丈夫なんでしょうか・・・

小さいハムスターは、ティッシュでうまく巣を作れないんですかね?
ティッシュは、今飼っているゴールデンハムスターが、勝手に持っていく程度なので、よく分からないです。
巣を作るのが下手クソなヤツでも、新聞紙なら必ず巣を作りますから、リスクの大きいティッシュより新聞紙をオススメします。


「えるん」さんの引用:
空中サーモを買って局所ではなくケージ全体の空気を温めるとよいのではないでしょうか。

逆に言うと、空中サーモとヒヨコ電球のセットだと、設置を間違えると、さらに逃げ場が無くなるので危険ですね。センサーとヒヨコ電球の設置する位置と、センサーの設定のバランスが難しいです。私も、よく分かりません。
ヒヨコ電球単体で使っている人は、特に危険です。


「えるん」さんの引用:
昼間は12時間以上は太陽光または十分な光量で明るくしないとだめみたいです。ホルモン異常や擬似冬眠を誘発すると言われています。

小さいときに、日照環境が悪いと、いろいろ問題が起こるようです。
今飼っているジリスはペットショップに居た時期が長いので、そんな問題を持っているようで、そのことで獣医さんと相談している最中なんです……。
もしかしたら、一生治らないかも……。
ハムスターは夜行性なので、昼行性の動物より被害は少ないと思いますけどね。
どっちにしても、自然に逆らうことは、なるべく止めた方がいいです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
えるん
表題:

Re: 神経系の異常がなければ大丈夫では・・・?


投稿日時:

冬眠事例の参考にさせていただきたいので、状況を教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします

前ハムちゃんは、設置場所が悪かったのだと思います。
当時不勉強で寒さに弱いことを知らず、11月頃まで廊下にケージを直置きしていました。
マンションなのですきま風とかはないですが、逆に日光で暖かくなることもないので
寒かったのだと思います。
後、少しやせ気味だったことも原因かと思います。

普段私が帰ると出てくるのにでてこなかった為おかしく思い
巣をのぞいてみると老ハムのように動きが固くよろめいていました。
体も冷たかったと思います。呼吸も浅く、ひまわりをむいて小さくしてあげても
食べることが出来ず水を飲むのがやっとでもうだめかと思いました。

手とハロゲンで暖めること1時間半くらいだったでしょうか。
徐々に動きが活発になり食べ物も食べだし、2時間後くらいには
すっかり元通りになっていました。

冬眠という言葉はその後しったのですが、かわいそうなことをしてしまいました。
10年ほど昔うちにはハムちゃんが大量に居たのですが(最大20匹くらい・・・)
親が世話をしていた為、私はえさをあげたりかわいがる専門でした。
当時冬場は上に毛布等をかけていただけに思いますがたくさんいたので
暖かかったんですかね・・・

もし不安なら、日中もエアコンをつけるか、または管理人様がお勧めする空中サーモを買って局所ではなくケージ全体の空気を温めるとよいのではないでしょうか。

そうですね。
取り急ぎすぐ出来そうなことはエアコンなので、エアコンつけることにします。
たまにハロゲンを遠くから当てているのですが、それを付けっぱなしで
家を出るのは不安でしたがエアコンなら大丈夫そうですよね。


これは夜の保温方法ですか?(中略)私も日中に不在の時は保温用にぷちぷちを使っていますが、天井部分は透明アクリル板にして太陽光・室内灯を併用して暗くならないように注意しています。

日中も夜もこの保温方法です。ただ日中は横部分を少しあけてタオルをかけています。ティッシュはやはり危険ですかね。前ハムちゃんが好んでいたので同じように入れているのですが・・・