ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

飛んで巣に入る

名前
かよ
表題:

飛んで巣に入る


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
そのままでも出来が良かったので、トップの吹き出しから分離をしました。

■ハム語
飛んで巣に入る冬のハム(とんですにいるふゆのはむ)

意味:
寒さのあまり、ダッシュで巣に駈けていく有様。
寒がりのハムスターは巣からあまり出て来なくなるので飼い主は寂しいぞ。

■オリジナル
飛んで火に入る夏の虫(とんでひにいるなつのむし)

意味:
自分から進んで危険(きけん)に身を投(とう)じること。
夏の虫はあかりを求めて飛んで来ては身を焼(や)いて死んでしまうことから。




我が家のハムは相変わらずキッチンペーパーの芯で寝ていたりしますが、それでも断然巣に居る時間が圧倒的に増えました。
最初は人間の気配が嫌で芯の中でストレスから身を守っているのかと思っていたのですが、
先日うちに1歳児が来て奇声を出しつつ暴れていた時でも
ヤツはちょっと巣から顔を出してみたものの、すぐまた巣で寝てしまったので、
結構図太い一面もある模様。
もしかして人間が嫌だから芯の中で寝ているのではなかったのかもしれない〜。
ただの温度調節なのかも!

名前
ともや
表題:

そうか…


投稿日時:
「かよ」さんの引用:
■ハム語
飛んで巣に入る冬のハム(とんですにいるふゆのはむ)

目から鱗でした
冬に向けて、冬にちなんだ格言でいいのはないかと思ってましたが、夏の格言(?)をもじるとは…


名前
管理者
表題:

種類によって違ったり


投稿日時:
「かよ」さんの引用:
寒がりのハムスターは巣からあまり出て来なくなるので飼い主は寂しいぞ。

ゴールデンは夏でも巣箱に入って寝るし、ロボロフスキーは冬でも巣箱で寝なかったりします。
巣箱の使い方がハッキリしているのは、ジャンガリアンだけかも。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
suging
表題:

巣の想い


投稿日時:

ゴールデンは巣に対する執着心が強い
ロボロフスキーは巣に対する執着心が薄い
ケージ内のレイアウトにもよると思うけどこんな感じでは?
飼ってたゴールデンは夏は巣の外で寝てたけど、落ち着かない様子で
熟睡してなかったみたいですね、人の気配がすると巣に戻ってました。
多分、ゴルは暑いから巣の外で涼んでたらうたた寝って感じだったのかも?
ロボは暑いと砂場でペッタンコになって熟睡したりしてました。
冬はどっちも巣箱の中で丸まってますね。

名前
かよ
表題:

ジャンガリアン限定ことわざ?


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
ゴールデンは夏でも巣箱に入って寝るし、ロボロフスキーは冬でも巣箱で寝なかったりします。

「S」さんの引用:
ゴールデンは巣に対する執着心が強い
ロボロフスキーは巣に対する執着心が薄い

!! そうなんですか!今うちにいるジャンガリアンが我が家の初代のハムなので、てっきり
「ハムスター=”飛んで巣に入る冬のハム”」
だと思っておりました。
ではこのことわざはジャンガリアン限定っつー事ですね・・

全てのハムスターの特徴を顕著に表現する格言・諺・四字熟語etc・・はなかなか見付からないですね。がっくし。

S様はゴールデンとロボを飼っておいでの様ですが、ともや様は何種類飼ってみえるんですか?ウサギにもお詳しい様なので、もしかしてウサギも飼ってらっしゃるんですか?