ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

インフルエンザ

名前
ともや
表題:

インフルエンザ


投稿日時:

本日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。
以前にかかって死にそうな思いをした(一人暮らしなので)ので、最近では毎年予防接種を受けています。
ハムにもインフルエンザはうつるようなので、学生さんや満員電車で通勤してる方、人混みの多いところにいる機会が多い方は、自分のためにも愛ハムの為にも予防接種をしておいた方がいいんじゃないかと思いますね

ところで、私の記憶が確かなら、インフルエンザの予防接種は弱いインフルエンザウィルスを体内に注射することで抗生を作るんだと思いますが、ということは予防接種で注射されたウィルスがハムに感染するってこともあるんでしょうか?
空気感染・飛沫感染はしないとは思いますが、例えばハムに噛まれて出血し、その血液を介して感染するとかあるんでしょうかね?

名前
蜜柑
表題:

Re:


投稿日時:

予防接種、お疲れ様でした。
私は学生時代から行ってないので、2年かな?

ともやさんの書いている内容に、ちょっと驚きました
こんなこと、思ってもみなかったです。
私も受けに行ったほうがいいかな…
ハム達に移すのは嫌ですから

確か、インフルエンザの予防接種は弱いウィルスを身体に入れて、抵抗を作るんだったと思いますよ。
それで、熱が出ないならば身体の中で退治できているんじゃないかな…?

気になる事柄ですので、私からも皆様のご意見伺いたいです。


名前
管理者
表題:

考えすぎ


投稿日時:
「ともや」さんの引用:
空気感染・飛沫感染はしないとは思いますが、例えばハムに噛まれて出血し、その血液を介して感染するとかあるんでしょうかね?

体液から抗原が直接感染するってのもあると思いますが、インフルエンザなら体調が悪くなければ、簡単に発病しませんからね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ふみ_BB
表題:

考えすぎ、ですか・・?


投稿日時:

ともやさんの意見、私もすごく気になります。
人間と同じく、ハムスターにももちろん免疫のシステムが備わっているわけですが・・。

あるウイルスについて、生物(哺乳類としておきましょう)がそのウイルスについて未知の場合、免疫応答は「自然免疫」、つまり、生物がもともと持っている、マクロファージ(白血球)などの細胞による「食作用」になるわけです。
マクロファージが抗原をもぐもぐやっている間に、抗原提示細胞によってリンパ球が働き出します。これが一般に言われる「免疫」、「自然免疫」に対して「獲得免疫」と言われます。
ラットによる実験では、ウイルス感染に対して最初の獲得免疫が働くまでに3日、ほぼ完全な応答が起きるまでに一週間程度かかります。

ここで私が気になるのは、ハムスターが「インフルエンザウイルス」を「知らない」場合です。
感染直後から自然免疫で応答しきれないほどウイルス数が増えた場合、リンパ球が働き出す前にダウンしてしまいます。
また、インフルエンザウイルスは弱めなウイルスではありますが、その構造上変異も激しい、ってよく言われますよね。
リンパ球(Bリンパ球)はほかの細胞に抗原を提示されて初めて、その抗原に反応できるものだけが増殖して抗体を分泌するわけですから、変異が起これば・・。
ワクチンに入っているくらいのウイルスなら多分大丈夫だとは思いますが、あれは人間用ですから、何ともいえません。ましてウイルスそのものだったらどうでしょう。
やっぱり、考えすぎでしょうか。

でも、インフルエンザに限らず、ハムに噛まれて流血すると、血液を介した抗原感染はありうる話だと思います。
それに、ハムスターにとって人の血液なんて「異物」ですから、それ自体に反応する可能性も無きにしもあらず、だと思います。
ヒトで言う、アレルギーのような・・。

ちょっと大げさに書いてしまいましたが、気をつけるに越したことは無いのではないでしょうか。

名前
ともや
表題:

副反応中


投稿日時:

接種の副反応でまだ腕が痛いです


「管理者」さんの引用:
体液から抗原が直接感染するってのもあると思いますが、インフルエンザなら体調が悪くなければ、簡単に発病しませんからね。

体調が悪くなければというのは、ハムの体調ってことでしょうか?


「ふみ」さんの引用:
ここで私が気になるのは、ハムスターが「インフルエンザウイルス」を「知らない」場合です。

詳しくありがとうございます。
越冬しているハムならウィルスに接触してる可能性はありますけど、今年の春以降に産まれたハムだと知らない可能性がありますよね。
…インフルエンザウィルスって年中飛散してるものですかね?


「ふみ」さんの引用:
でも、インフルエンザに限らず、ハムに噛まれて流血すると、血液を介した抗原感染はありうる話だと思います。

ハムに噛まれた場合、ハムの歯にヒトの血液が微量付いてると考えるのが普通ですよね。
その微量の血液の中に、予防接種のワクチン(0.5ml)が紛れ込んでる確率がどれほどのものかわかりませんが…。

何にせよ、気を付けるに越したことはなさそうですかね。