ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

悪性リンパ腫切除後の治療

名前
ユリミア
表題:

悪性リンパ腫切除後の治療


投稿日時:

初めまして。1歳9ヶ月のキンクマハムスターの女の子ですが、頚部にしこりができ切除した結果、悪性リンパ腫であったとの病理結果がでました。
医師からはプレドニゾロンの投与を今後一生続けるという治療方針を言われたのですが、予後にどれだけ関係するのか分からず、ステロイドによる副作用や免疫低下による感染症などで苦しむのではないかと考えると本当に必要な治療なのか判断できません。
本人は術前と術後も変わらず元気いっぱいでよく食べよく走り回っています。
このまま様子を見てあげるでも良いのかとも思うのですが。
ステロイドによる治療は必要でしょうか?

ミアママ

名前
管理者
表題:

Re: 悪性リンパ腫切除後の治療


投稿日時:
「ユリミア」さんの引用:
1歳9ヶ月のキンクマハムスターの女の子ですが、頚部にしこりができ切除した結果、悪性リンパ腫であったとの病理結果がでました。

ゴールデンハムスターは、そこにリンパ腫がよくできますね。


「ユリミア」さんの引用:
医師からはプレドニゾロンの投与を今後一生続けるという治療方針を言われたのですが、予後にどれだけ関係するのか分からず、ステロイドによる副作用や免疫低下による感染症などで苦しむのではないかと考えると本当に必要な治療なのか判断できません。

もうすでに転移しているのなら、投薬より手術ですし、効果が確実ではない薬は弱るだけなので、必要ないでしょう。
薬の副作用は確実にありますから。


「ユリミア」さんの引用:
本人は術前と術後も変わらず元気いっぱいでよく食べよく走り回っています。

ハムスターにとって手術なんてそんなものです。

まだ2歳になっていないので、転移の可能性は高いですが、できる可能性があると分かっているのなら注意して観察すればいいだけだし、できてもまた取ってもらう方が、ハムスターも飼い主にも負担が少ないです。
うちもリンパ腫ができたゴールデンが何匹かいましたが、転移が確認できずに亡くなる個体が多かったです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ユリミア
表題:

ご回答ありがとうございます


投稿日時:

そうですよね。
やはり投薬はせずにミアの様子をきちんと見てあげようと思います。
ありがとうございました。

ミアママ