ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

繰り返される脱毛


名前
管理者
表題:

Re: 繰り返される脱毛


投稿日時:
「yoshidango」さんの引用:
今までお迎えした子(全てオス)の平均が150~180だったので250とは驚きました。

250gは一番大きかったゴールデンの話ですがね。
けど、最近のハムスターは小さすぎますわ。小さく珍しいハムスターが売れやすいから、体の小さい(弱い)珍しいハムスターを繁殖させて、結果弱いハムスターが増えているのではないかと思います。
海外産まれのハムスターなら、日本用に体の小さい個体を卸していそうだし。


「yoshidango」さんの引用:
頬袋に入れてしまうので、以前から指で強く持って頭からその場で食べてもらっています。
食べ過ぎはないとのことでしたが6匹を超えそうになるので制止させようか迷っています。

春や夏はよく食べますが、うちのゴールデンは、せいぜい2匹しか食べないですね。冬場は食べないこともあります。
やはり栄養が足りてないのかもしれないですね。
しかし、栄養不足でも6匹は多すぎると思うので、3匹くらいではないでしょうか。


「yoshidango」さんの引用:
両生類の体内を食い破る説もネットでお見かけしたので…

ジャイアントミルワームの話ではないですかね?
ジャイアントミルワームはかなり力が強いし、ハムスターに噛みつくことがあって、ゴールデンハムスターでも食べるのも苦労するし、噛まれたジャンガリアンが少しの間、ミルワームを食べなくなったこともあったので、ハムスターには与えない方がいいですね。


「yoshidango」さんの引用:
粟玉は最初の一つは遊びながら噛んでいたのですが2つ目からは見向きもされませんでした…。
かなり餌を選り好みする子ですが、色々工夫して食べれるようにしていきたいです。

ゴールデンハムスターは小鳥の餌が小さすぎるせいか、あまり食べないので、他の餌も食べさせてください。やはり鳩の餌がいいんですが、西種商店のピジョンミックスのくらいしか良いのがないし、直販以外では手に入りにくいと思います。
食べるのに時間はかかりますが、小鳥の餌をそのままミルワームのケージに入れると、ミルワームが食べるので、それを間接的に与えるのも良いかもしれません。


「yoshidango」さんの引用:
温度を変えれるものを購入したので、補助具として使用しまた経過を見て行きたいと思います。

また1つ改善点が見つかりましたね。


「yoshidango」さんの引用:
レントゲンなら麻酔をかけてまで奥歯を見る必要がなかったので、ハムスターのレントゲンを取る設備がないのかもしれません。今月5日に抜糸なので、その件も聞いてみたいと思います。

レントゲンの機械は人間用のと同じです。フィルムも同じで、ハムスターなら小さいフィルムで何枚も撮れ、意外と安いです。
獣医師の考え方にもよりますが、たとえば飼い主がレントゲン室に一緒に入って、ハムスターをおとなしく押さえつけられているのなら、麻酔なしでも撮影できます。ハムスターに関しては忘れましたが、私が飼っていたジリスはおとなしくできたので、それで何度もレントゲン撮影したことがありますよ。ちなみに獣医なら大暴れです。


「yoshidango」さんの引用:
蛇足の歯切り経過。
最初以外は下の歯は正常に。上の歯は切れども切れども歪んでしまうので月イチペースで切っています。

イラストうまいですね。分かりやすいです。
これだけ噛み合わせが悪いと、人間なら頭痛と肩こりがありそうです。
うまく噛めないので、ハムスターが歯根を動かして試行錯誤している様に見えます。やはり、歯並びが悪いのかもしれないですね。けど、両方の歯が真っ直ぐ伸びたようなので、治る可能性も高そう。
歯を切って長さを揃えるだけではなく、本来の噛み合わせになるよう、歯の先端を削ってくれる動物病院もあるらしいですが、それで治るかは知らないです。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。

名前
yoshidango
表題:

Re: 繰り返される脱毛


投稿日時:

本日夕方に抜糸をしてきた際、採取した皮膚の検査結果を教えて下さいました。
診断的にはニキビダニ症でした。
しかし採取した皮膚のごく僅かな部分(二箇所の内一箇所に数匹程度)なので炎症をおこす可能性は極めて低く脱毛の原因になるほどでもないとの記載もあり、検査をした機関の方も判断しにくいケースだったようで、獣医さんの方に経過や他の症状を詳しく聞く電話があったほどだそうです。
また管理者様のおっしゃってた栄養失調からの免疫力の低下で出た可能性も十分にあるとのことでした。ミルワームの飼育など早期対応に踏みきれたのは偏に管理者様とこのサイトのお陰です。本当にありがとうございました。

現在はシロップ入り飲み薬が10日ほど処方されているので一日に一度の投薬をしています。
これでダメならカビの検査をし、それでもダメなら機関の方でも病院の方でもお手上げ状態だと言われてしまったので、今は回復を信じて経過を見ていこうと思います。


「管理者」さんの引用:
けど、最近のハムスターは小さすぎますわ。

私がハムスターを飼い始めたのは7年前ですが、本当にそう感じます。
初めの子は180を軽くオーバーしダイエットを考えていたほどだったので…。
一応ペットショップでは国内表記(県名有り)されていたので、海外ではないと信じたいです。


「管理者」さんの引用:
うちのゴールデンは、せいぜい2匹しか食べないですね。

具体的な数まで教えて下さり有り難うございます!早速実践していきます。
栄養が足りているとある程度は肉食性が薄れていくんですかね…。
うちにいる低体重の二匹は、ミル3匹食べてもピンセットにかじりついてはなれないです。
最近は慣れたもので指で掴んで与えているのでいつか齧られそうで怖いです笑
そしてハムを齧るのはジャイアントミルワームだけなんですね!また一つ勉強になりました。


「管理者」さんの引用:
食べるのに時間はかかりますが、小鳥の餌をそのままミルワームのケージに入れると、ミルワームが食べるので、それを間接的に与えるのも良いかもしれません

初めは小さい餌も食べようと頑張っていましたが今は飽きて放置されています…。
鳩の餌は管理者様のおすすめを見る前にペットショップで買った小袋のものを与えてみたのですが、見事に消化不良の便が出てきたのですぐに廃棄しました。新しい情報にすぐにとびついてしまうのが私の悪い癖だと痛感しています。
もう少し体に栄養がいきわたって消化能力が戻ってから、また管理者様おすすめの鳩の餌にチャレンジしてみたいと思います!


「管理者」さんの引用:
レントゲンの機械は人間用のと同じです。

どうやら手術時にレントゲンを撮影していたらしく本日みせてくださいました。
一応異常はないとのことでしたが…素人の私にはその言葉を信じるしかありませんでした。

そしてイラストを褒めて下さり有り難うございます!
正確には下の歯は完全に正常ではなく、長く伸びすぎると上同様歪んでくるので下の歯が歪む前に歯切をしています。
削る方法も獣医さんから聞いていたのですが、どこでその治療を行っているかはわからないとのことでした…。とりあえず車で30分以内の病院はほとんど全滅だったので打ちひしがれています。

始めは今後同じ症状のハムちゃんが出た時にお役に立てるようフォーラムに投稿させていただいたのですが、これといった原因もわからず申し訳ありません。
管理者様の的確なご指南、ご指摘、ほんとうに勉強になりました。結果的に題名がわかりにくくなってしまったので、わかりやすいものに変えて頂けると嬉しいです。
またニキビダニの様子を見つつ、へんかがありましたらこのトピックスに書いていきたいと思います。本当にお世話になりました。これからもよろしくお願いします!

長毛キンクマの熊谷さん(1歳8ヶ月)と長毛白ゴルの六助さん(5ヶ月)と暮らしてます。【2015年1月現在】