ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

冬に迎えたハムスターの接し方

名前
シリカくん
表題:

冬に迎えたハムスターの接し方


投稿日時:

ハムスターの飼育経験のない私ですが、
4時間前にハムスターをショップで購入し、
ケージに入れました

ゴールデンハムスターの
目に入れても痛くない真っ白で可愛い男の子なんですが、
なにせ未経験なもので
出来る限り幸せになってほしいと思いまして、
今後の参考にしたいと思い質問させていただきます

現在ケージに離して約4時間
無事に設置した巣箱の中に入ってくれ、

そこから1時間ほどしてから、
ショップで使っていたペレットと少しのおやつを齧ってくれました。
その後長く経過しますが水も飲みにこず、
ケージからも全く出てきません。
ショップでは不通にチューブから水を飲んでいましたが・・・


移動やなれない環境でストレスを与えてしまったと思うので
巣箱を持ち上げたりなど怖がらせたくないのですが、
確認した方が良いのでしょうか?
それとも出てこなくても気にしないでそっとしてあげた方がよろしいのでしょうか?


みなさんの知恵を貸して頂ければと思います
よろしくお願いします


説明
この子がシリカくんです。シリカ(白熱)電球そっくりの可愛い男の子です
ダウンロード回数
18回
ファイル形式
JPEG
シリカくん

名前
管理者
表題:

Re: 冬に迎えたハムスターの接し方


投稿日時:

タイトル変えました。「ハム初心者が迎え入れましたが」 → 「冬に迎えたハムスターの接し方」


「シリカくん」さんの引用:
その後長く経過しますが水も飲みにこず

しっかり野菜を与えていると、冬はほぼ水を飲まないです。


「シリカくん」さんの引用:
それとも出てこなくても気にしないでそっとしてあげた方がよろしいのでしょうか?

野生のハムスターは、秋に餌を巣穴に溜めて、冬になるとほとんど巣穴から出てきません。
飼育環境でも同じように、巣箱にこもりっぱなしになり、飼い主が与える新鮮な餌を餌の時間になったらもらいに来る程度で、散歩もしたがりません。
これをプラスに考えるかマイナスに考えるかです。

ちなみに、「三つ子の魂、百まで」とか言いますが、人間に関わらず幼いほ乳類は学習能力が高いので、下手すると依存やトラウマになる可能性が高いです。

下手な飼い主だと、ただでさえ寒くて巣箱から出たくない時期なのに、飼い主があれこれやってしまい、トラウマを与えてしまって、ただ生きるために人間と過ごすだけのハムスターになってしまいます。
その反対に、良い感じで距離を置ける時期だと考え、最低限の世話をしっかりしてあげると、ハムスターは人間が自分にとって都合の良い存在だと考え、良い関係を築けます。

写真で見えている範囲でアドバイスすると、床材に牧草をウッドチップに、巣箱が小さすぎる、トイレ?を屋根付きで大きなタイプに、ペットシーツは使っちゃダメ、餌はペレットをメインに。
業者が教える間違った飼い方の見本みたいで、飼育環境は悪いと思いますよ。寒い時期だしゴールデンは寒さに弱いので、体調崩さないか心配になります。
飼育環境も、ハムスターとの距離感に関係するので、飼い方の記事を読むなどして改善した方がいいです。
飼い方 飼育用品
用品検索 飼育用品


「シリカくん」さんの引用:
シリカ(白熱)電球そっくりの可愛い男の子です

ネーミングセンスいいですね。
電球だけに、飼い主共々「キレない」ようソフトな付き合い方をオススメします。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。