ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ジャンガリアンの多頭飼いについて


名前
管理者
表題:

Re: 過去2回多頭で一生を過ごしました


投稿日時:
「脱走はむっち」さんの引用:
とても時間が経っているけれど、気になったので記します。

そのためのフォーラムです!


「脱走はむっち」さんの引用:
次の2組目は、実はペットショップの人に、「めずらしくこの子たちだけいつも離れないんです、自分が見ている限りとても仲が良くて、2匹一緒にいさせてやりたい気もします」と。で、私もそうしてみようと飼ったのですが、本当に仲が良くて、1組目と同じような感じでした。

逆に、仲の良い個体を知らずに分けてしまうのも、かわいそうですよね。
ペットショップの店員だけでなく、飼い主もその違いを見分けられれば良いのですが、なかなか難しいです。
身寄りのない兄弟を大人の都合で別れさせる、映画のワンシーンみたいなっちゃいますから、せめてペットショップより新しい飼育環境が良かったと思えるようにしてあげたいです。


「脱走はむっち」さんの引用:
だから、基本は多頭はダメでも、こんな相性の良いケースもあるということは事実です。

競争と我慢と共生のバランスで、行き詰めると「個」にたどり着くんだと思います。

たとえばですが、人間は集団で生活しないと生きられない動物で、誰もが争いを望んでいるわけではないです。理想通り行けば、世界平和や世界統一なんて簡単です。
しかし、全ての生物は、種を絶やさないために多様性(個性、個体差)があり、自分以外はライバルなので、同じ遺伝子を持った肉親でも争ってしまいます。
社会性とは我慢や共生できる本能があるということですが、ネットで国際ニュースを見ていても、国というのは結果的に、その争いが最小になる単位なのかなぁ〜とか思ったりします。ペットの場合、指導者にあたる飼い主が不慣れだと、命を握られているペットは悲惨な状態になってしまいます。


「脱走はむっち」さんの引用:
ただ、いつ、どのタイミングで自我が出て争い始めるかがわからないので、仕事に出て留守の間、寝ている間など、自分が助けてあげられない時間があることを考えると、別々の方がいいのかなと思う次第です。

ですね。
ペットショップのケージの中にいた、ロボロフスキーのメスを8匹一緒に買って、同じケージで飼ったことがあります。ロボロフスキーは社会性が高いので共存もできるのですが、派閥ができて軽いいざこざが起こり、いつか怪我をしそうな感じがあったので、4匹、3匹、1匹に分けたことがあります。それ以降は、全くトラブルはなかったです。
ロボロフスキーのノーマルで子ハムなのでさらに分かりにくい状態でしたが、私は顔つきや行動などで、1匹ずつ認識できたので、トラブルがないように分けられましたが、誰にでもできることではないので、やはりお薦めできないですね。


「脱走はむっち」さんの引用:
どちらも同性ですが、最初の1組はそれはそれは仲良しで、片方が相方をいつも舐めてあげて毛づくろいしているのか好きなのか、いつも隣にいて愛らしかった。ケンカは1回もなかったです。

上に書いた、1匹だけにしたロボロフスキーも、そんな感じで誰にでも毛繕いするハムスターでした。噛まれるような事はなかったのですが、その毛繕いがきっかけで、軽く喧嘩みたいになってました。
人間でもいると思いますが、寂しくて他人のお世話をするけど、やりすぎて嫌われてしまう感じなんだと思います。ケージを分けた後も、他のハムスターを気にしてましたし、人間にもよくなつくハムスターでした。
脱走はむっちさんの書き込みを読みながら、毛繕いされる側は他に頼れるハムスターが居たからで、2匹だけだと競争より我慢や共生が優先になって、トラブルにならなかったのかなぁ〜とか思いながら読んでいました。

国に例えましたが、競争と我慢と共生のバランスは、話ができる人間同士でも解決が難しいので、ベテラン飼い主としては、多頭飼いができるという事実を理解しながら、多頭飼いが誰にでも簡単にできると思わせないことが大切なんだと思います。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。