ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ロボの胸部に腫瘍


名前
シャカリキ
表題:

Re: ロボの胸部に腫瘍


投稿日時:

初めましてドレミさん

腫瘍の摘出是非についてですが、
ロボロフスキーの年齢を考えるとかなりリスクのある手術だと思います。

しかし、悪性の腫瘍は時間とともに転移することが多く手術することを考えるなら早いほうが良いです。

私の意見としては手術は見送るべきだと考えます。
小さいハムスターの手術は懸念が多く、また、年齢のことも考えるとリスクが高いことが大きな理由です。
ロボハムちゃんもいま現在元気なら無理する必要性は薄いかと思います。


参考までにですが
これは私のジャンガリアンハムスター(1年3カ月♀)の場合です。
右肩の付け根のあたりに柔らかい腫瘍がありました。
子宮の摘出を終え退院する数日前に発見され私も手術するかどうか悩みました。

結論的には手術をしませんでした。

理由としては
1、術後すぐに再手術するには負担が大きいから
2、かなり小さい腫瘍だった為、発見が遅れたのにもかかわらず腫瘍の肥大化がみられなかった
3、腫瘍は柔らかく悪性と確定できないから(悪性の腫瘍は固いことが多いそうです)
4、腫瘍が出来てから日にちが経ってしまっているので手術しても根本治療にならない可能性があるから

上記の4点です。

それから1か月経ちますが元気いっぱいによく食べよく遊びよく寝ています。
腫瘍のほうも大きくなっている様子もないです。しかし、腫瘍はなくなるわけではないので常に心配はついて回ります。そのことは覚悟しなければなりません。

ほぼ結論が出ているなか一石を投じることになるかもしれないと思いましたが、私も同じ境遇だったので口を出さずにはいられませんでした。

これからも大切なハムスターの為に頑張ってください。


名前
管理者
表題:

Re: ロボの胸部に腫瘍


投稿日時:
「ドレミ」さんの引用:
1つは即座に手術をし、腫瘍を取り除くこと。

獣医が自ら、手術の話を出す場合は、治る可能性が高いですね。


「ドレミ」さんの引用:
もう1つの提案は腫瘍の進行を抑えるため薬の投与を続けること。但し、効き目が絶対という保証はないし逆に副作用で苦しむ可能性もあります。

具体的な病名が分かってないし、効く薬もないので、「効き目は全くない」だと思いますね。
副作用しか考えられないから、薬はなしでしょう。


「ドレミ」さんの引用:
このような説明をされて「後悔のない選択を」と言われました。

患部は皮膚に近い部分だと思うので、最小限の切開して、その場で切除できるかどうか判断するのが、一番後悔がない選択だと思いますよ。分からないまま悩んだり、薬で苦しめることは、バカバカしいです。
手術の話と薬の話では、獣医の技術レベルが分からないので、不安なところがありますが。


「ドレミ」さんの引用:
先生も寿命も考えると無理な治療はハムに負担をかけるだけと進言されていました。

2才以下で、手術の選択肢があるのなら、私なら迷わず手術の選択肢を選びますよ。


「ほげまめ」さんの引用:
なお、手術で切除した腫瘍の病理検査をした結果、「炎症性軟部組織肉腫」で病変が取りきれていない場合は再発する可能性があるとのことでした。

人間のガンの場合でも、運もありますからね。
病理検査で必ず再発すると分かっても、手術でハムスターの心の不安が取れるので、よく食べて長生きできるハムスターもいますし。


「ドレミ」さんの引用:
しかし、引っ越してきて初めてかかった獣医ということで信頼感がイマイチなことや、費用が高額なことから手術への決心はまだつきそうにありません。

病院にかかる金額を書くのは、規約違反なので消しておきます。


「ドレミ」さんの引用:
ただ、やはりほんの30数グラムのコの身体に麻酔をかける。メスを入れる。というのは、そこで命の火が消えてしまったら・・と、足踏みせざるをえません。

ハムスターは実験動物で、いろんなデータや安全な麻酔があるので、瀕死でなければ麻酔は危険ではないですよ。

それと、腫瘍と書くと、おできとガンの全く異なる物を、一括りにしてしまうので、閲覧、書き込み共に注意してください。良性の腫瘍は放置していても大丈夫なことが多いですが、悪性の腫瘍は確実に亡くなります。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。

名前
ドレミ
表題:

Re: ロボの胸部に腫瘍


投稿日時:

シャカリキさん、管理者さん、アドバイスありがとうございます。

結論が出たようでも、まだまだ心の中は迷いだらけです。
でも、皆さんのアドバイスでいろいろと勉強になりました。

今回獣医さんに言われた「後悔のない選択を」という言葉も心に重くのしかかっていますので、本当に後悔のない選択が出来るよう心掛けたいと思います。

管理者さんには、規約違反が数か所あったようでご迷惑をおかけしました。今後は十分に注意しますね。

♪ドレミ♪